2016y05m11d_062542835

遺伝子博士は自分の遺伝子を調べる事で、
自分にあったライフスタイルを見つけます

例えば、あなたに適したダイエット、筋肉トレーニングなどを
あなたの遺伝子の観点からアドバイスをしてくれます

とりあえず、公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。

⇒遺伝子博士の公式ページを見てみる

遺伝子は一生変わらない

私たちのDNA(遺伝子情報)の中にある塩基配列は30億文字分あり、約99.9%は同じ配列です。
残る約0.1%の300万文字分の配列が異なります。
そのわずかな違いが遺伝的個性を作ります

この遺伝的個性によって、いろいろなことが変わります。
遺伝子にあった食べ物。
遺伝子にあわない食べ物。
遺伝子に適した運動方法。
遺伝子に適した筋肉トレーニング。
遺伝子から導かれる太り方の得著王。
遺伝子にあったライフスタイル。

DNA(遺伝子情報)は私たちの細胞に刻まれた設計図です。
人間が生まる時に、全ての体を作る順序があります。
私たちの体の性質、性格、能力、あらゆるもの相性も遺伝子によって決められます。
もちろん、後天的な努力、環境にも左右されます。
しかし、左右されない先天的な素質「遺伝子」は確かに体に刻まれているのです。
自分の遺伝子を知れば、本来の自分を知ることができます。
遺伝子は一生変わらない為、その情報は一生の財産になります。

【スポンサードリンク】


自分の遺伝子を知れば、一生の財産

自分の遺伝子を知れば、その情報は一生役立つ財産になります。
なぜなら、自分の遺伝子に合わせてライフスタイルを見直すことができれば、
より効率的に、自分がなりたい理想の自分になることができるからです
健康、ダイエット、運動、どの分野でも遺伝子の持つ意味は大きいです。

遺伝子博士キットで遺伝子検査を受ける事で、遺伝的体質が分かります。
果たして、これから自分の遺伝子情報を知らずに生きていくのと、
遺伝子情報を知って、効率良く生きていくのと、どちらが良いでしょうか?

答えは当然、遺伝子情報を知って、効率良く生きていく、だと思います。

そういった賢く考えて、遺伝子博士キットを頼むというのは大事です。
でも、私の動機は違いました。

単に自分の遺伝子情報が知りたい。

そういった人もいるのではないでしょうか?
そういう好奇心を満たすのにも良いと思います。
なかなか自分の遺伝子の情報を知る機会はないですものね。

遺伝子結果に基づいたストレスのない健康的なライフスタイルの改善し、
自分の理想とする、なりたい自分を実現しましょう。

では、遺伝子情報でどんなことが分かるのでしょうか?

自分が何が吸収しづらいか分かります

人は人によって吸収しやすい食べ物、しづらい食べ物があります。
肉類が吸収しづらい、野菜の吸収はしやすい。
糖質の吸収はしやすいから、ご飯や麺類をたくさん食べると太りやすい。
そういったことが遺伝子から分かります。

自分の遺伝子を知れば、食事制限や運動方法も向き不向きが分かります。
そうすると、ダイエットや筋肉トレーニングに役立てることができます。
それは遺伝子情報に基づいた信頼性の高いものです。

自分の遺伝的体質によって、何の食べ物の吸収率がいいのか?
糖代謝、たんぱく質代謝、糖質代謝の3つに大きく分かれます。

糖代謝リスクが高い人

炭水化物の吸収が得意で、分解が苦手なため、糖質で太りやすいです。
糖質をたくさん摂ってしまうと、内臓脂肪が増加しやすく、お腹から太りやすいです。
糖質カットをする糖質制限ダイエットが向いています。
代謝が悪い為、脂肪がたまりやすく、痩せにくい傾向にあるようです。

タンパク質リスクが高い人

タンパク質をうまく吸収ができないため、筋肉がつきにくいです。
タンパク質リスクが高い人はタンパク質以外の吸収率も低いです。
なので、太っている原因は食事によるものではなく、
一度太ると痩せにくいという特徴もあります。
食事制限によるダイエットは向いておらず、しっかりと運動して痩せることが大切です。

脂質代謝リスクが高い人

脂質を上手く分解できため、揚げ物やクリームなどの脂質で太りやすいです。
ご飯などの炭水化物を減らす炭水化物(糖質制限)ダイエットには向いていません。
お肉やお魚などのおかずを控える、脂質制限ダイエットが向いています。
タンパク質リスクの人と比べ、食事コントロールでダイエットが成功しやすいといえます。
下半身から太りやすいのが特徴です。

このように自分がどのリスクを持っているか分かると便利ですよね。
自分は糖代謝リスクが高いから、ちょっとご飯を控えめにしよう。
タンパク質リスクが高いから、筋肉を付けるには多めにタンパク質をとろう。
脂質代謝リスクが高いから、揚げ物やクリーム系は減らそう、などですね。

自分でどれかを想像するかは簡単ですが、実際に遺伝子を調べるのが手っ取り早いです。
今まで、体質にあっていないダイエットをしていませんでしたか?
自分の吸収リスクを知れば、ダイエットもより効率的にできます。

では、実際にどのように遺伝子をとるのでしょうか?
血液検査など注射をしなくてはいけないのでしょうか?

いいえ、違います。もっと簡単に遺伝子情報は取ることができます。
ヒントは刑事ドラマでよく見る風景です。

【スポンサードリンク】


自宅で簡単に検査ができます

遺伝子を検査する為、「ほほの内側(口の中)の細胞」を採取します。
綿棒をほほの内側にこすりつけるようにして、内側の細胞をとります。
①細胞を採取する前に3~4回程度、口の中をゆすぎます。
②綿棒を開封して、容器の中から取り出します。
③ほほの内側に綿棒を強く押し当てます。
ほほの内側全体をまんべんなく、綿棒を回転させながら上下させます。。
この動作を10回繰り返して、遺伝子を採取します。。

これだけです。
2、3分で出来ることなので、時間をとられないで楽ですよね。
よく「科捜研(沢口靖子主演)」などのドラマで
「頬の内側の細胞を取らせていただけますか?」
といった具合に採取していると思います。

やはりやり方はドラマも現実も同じなのですね。
当たり前のことなのかもしれませんが、
なんだかその当たり前が私には面白かったです。

まとめ

自分の遺伝子情報を知ることは長い人生を生きる上で大切なことです。
しかも、その情報を知るのが早ければ早いほど、より早く快適なライフスタイルにできます。
健康的にやせるためにも、効率的に筋肉トレーニングをするためにも。自分の遺伝子情報を知ることをおすすめします。

またライフスタイルの改善以外にも良い点はあります。
まず自分の遺伝子情報を知るだけでも面白い、楽しい、とは思いませんか?
その情報だけで話のタネにもなります。

自分で試してみると、人にも勧めたくなってきます。
あの人、ダイエットしているけど、遺伝的根拠はあるのかな? とか思ったりします。
あなた自身だけではなく、家族、恋人、友達などの強い味方になってくれるかもしれません。

いろんな人におすすめなのが、遺伝子博士です。

⇒遺伝子博士の公式ページを見てみる

【スポンサードリンク】