omoikomi

誰だって痩せたいと思っています!
痩せたい! 
ワンサイズ小さいカワイイ服が着たい!
痩せてかっこよくなって、モテたい!

でも、ダイエットはだるい。
ダイエットは運動しなきゃダメ、食事制限をしなくちゃダメ。

糖質制限ダイエットも、
脂質制限ダイエットも、
高たんぱく質ダイエットも、
脂肪燃焼系ダイエットも、
バナナダイエットも、
血液型ダイエットも、
なにもかも失敗した。
成功するダイエットなんて一つもない。

なぜなら、私には根気がないから、続けられないから……!

ひょっとしたら、あなたがやせられないのはダイエット法の所為ではなく、「思い込み」の所為かもしれません。
もしかして、あなたはダイエットしながら、「痩せないかも」とか思っていませんか?
それが毒です。それが悪いのです。それではダイエットは成功しません。

そんなあなたにものすごくおすすめの楽なダイエット法があります。
それが「思い込みダイエット」です。
方法は簡単です。
自分が「痩せた」と思い込めばいいのです。
どんなことをしても、これは「痩せること」と思い込むのです。

思い込みダイエットやり方

「私は痩せた」と考えることが大切です。
頭の中で「痩せた自分」をしっかりとイメージします。
もう自分は痩せたつもりになって行動します。
「最近、痩せたんだよねー」とか実際に口に出すことが大切です。
実際に口に出すことで、より自分を思い込ませることができます。
無意識内で思い込ませることによって、自然と痩せるような行動をとるようになります。
食べ物を食べる時でも、「これは脂肪にならずに燃焼する」などと考えるようにしましょう。
運動をする時でも、「今、脂肪が燃えている!燃焼している!」などと考えましょう。

逆にいえば、「自分が太っている」というネガティブなイメージを持つ人は太りやすいです。
ついつい「最近太り気味なんだよね」と言ってしまう方、要注意です。
自分は太っていっていると思い込ませている結果、実際に行動もそのようになるのです。
ご飯も吸収されて脂肪になり、運動しても脂肪が燃えづらくなっているかもしれません。

ここはひとまず覚悟を決めて、とりあえず「最近、やせられてるんだよね」と口に出しましょう。
何度も言いますが、自分を思い込ませることが大切です。
思い込むことさえできれば、このダイエット法はある意味、成功なので簡単ですよね。

このように思い込みの力が現実になる効果を「ブラシーボ効果」といいます。

【スポンサードリンク】


人は思い込むことで変われる

ブラシーボ効果とは?
願えば実現するというのは綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、確かに私たちの体はそのようにできているのです。
それは偽薬を使ったブラシーボの実験でも分かっています。
偽薬の実験とは、「何の効果もないビタミン剤」を「これは病気に効果がある」と嘘を付き、飲ませます。
飲んだ人は「何の効果もないビタミン剤」を飲んだにも拘わらず、病気が回復したのです。
これは飲んだ人が「病気に効く」と思い込んだことが要因だと考えられます。
これをダイエットに応用したのが、思い込みダイエットです。

人は思い込むことで、自分の行動をコントロールすることができます。
思い込むとは、単に「痩せられたらいいなぁ」と感じることではなく、
「痩せていっている」「痩せた」という思い込みが大切になってきます。
そう思い込むことにより、あなたの行動は自然とダイエットに向かっていくのです。

あなたは痩せた状態を維持する為に、自然とご飯量を抑えたり、おやつを控えたり、運動し始めたりします。
あるいは痩せた人と同じ行動をとるようになり、結果的に痩せます。

太っている人は痩せようと考えるからつらいのであり、自分はすでに痩せたと考えれば、あとはそれを維持するだけなのですから、メンタル的にストレスになりづらいです。

こう言うと、怪しい、そんな風に思い込めない、という人もいるでしょう。
いや、思い込みの力を侮ってはいけません。
これは「自己暗示ダイエット」とも呼ばれ、きちんとしたダイエット法ですし、口コミなどでは成功者も出ています。
思い込むだけなのに1か月で3キロもやせた人もいるようです。
大切なのは自分の潜在意識に「痩せる」ではなく「痩せた」と刷り込ませることです。
あとはあなたがそれを信じ、思い込むことが大切なのです。

思い込みの力は凄いもので、「脂肪が燃焼している、燃えている」「筋肉がついていっている」「体重が陥っている」と思い込む人とそうでない人では、結果は変わってくるようです。
より思い込みを強くする為に、自分がなりたい体型の美人のモデルさんのポスターを部屋の壁に張って、自分を投影するのも良いやり方です。
また「お腹いっぱい」と思い込みながら、ご飯を食べれば、お腹いっぱいになるのが早くなり、カロリー摂取を抑えることができます。
いろいろな思い込みを応用しながら、ダイエットに役立てましょう。

それでも私は思い込むことができない、痩せるなんて無理という方。
残念ながら、どうしても思い込めない人には思い込みダイエットはできません。
ここは素直にあきらめて、他のダイエット法を探すようにしましょう。

【スポンサードリンク】


思い込みダイエットは他のダイエット法とも相性が良い

バナナを食べればやせられる! と思い込む人とそうでない人では結果に違いがでます。
運動するのもそうですし、あらゆるダイエットでも「効果がある」と思い込むことは大切です。
どんどん脂肪が落ちていっている、ウエストがどんどんくびれていっていると思い込むことも大切です。

思い込みダイエットが通じないことも…

ダイエット全般にいえることですが、ポジティブな人、ネガティブな人がいる場合、ポジティブな人の方がダイエットに精力的になり、やせやすいともいわれています。
思い込みダイエットはその傾向が顕著です。

どうせダメだろう、失敗するだろうとネガティブに考えていては成功するダイエットも成功しづらいです。
しかし、ポジティブに考えすぎて、私は痩せたから、いっぱい食べても良い! と考えてしまう人もいます。
そういう人にとって思い込みダイエットはデメリットでしかありません。

思い込みダイエットは効果がでるまで時間がかかるし、モチベーションを保つのも難しいです。
思い込みダイエットを試したのに、なかなか成果があらわれない場合、どうすれば良いのでしょうか?

大丈夫です。

あなたにはあなたにあったダイエット法があります。
それは遺伝的根拠のあるダイエット法「遺伝子ダイエット」です。

自分の遺伝子情報を知れば、ダイエットも効率的にできる

自分がどのようにすればダイエットに成功するか知りたいと思いませんか?
もし遺伝子を根拠に自分がどんなダイエットに向いているか分かれば、努力がしやすいとは思いませんか?
ダイエットをする上で不安なのは、本当にその方法で痩せるのか? 自分にその方法はあっているのか? という悩みです。
その方法を知るには自分の遺伝子情報を知ることが大切です。

効率の良いダイエット。
それは自分の遺伝子を知ることから始まります。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】