biiru

私はビールや焼酎や日本酒の中だと日本酒が好きです。
お魚などの和食に合いますし、香りも良いですし、お水やコーラと一緒に飲みます。
コーラと一緒に飲むというと意外な顔されますが、心外です(笑)
結構、美味しいんですよ。

で、ダイエット中のアルコールについてですが…。
結論からいうと、ダイエット中にお酒などのアルコールを飲むのはお控えください。
このサイトでも何度か言っているのですが、脂肪燃焼を妨げてしまいます。
アルコール抜きはダイエットをする人であれば、常識ともいえる知識かもしれませんね。
ちなみにアルコールは血糖値を下げる効果もありますが、脂肪の分解を妨げるので良くはありません。

ただアルコールをやめて、ストレスになって、イライラするのも問題です。
きっぱりと禁酒するのではなく、お酒を少量にするなど、量を調節しましょう。
健康のためにも、普段から多く飲む人は、ダイエットを期に控えるようにしましょう。
運動後ならアルコールはOKと油断しないでください。

糖質制限ダイエットをするとお酒が弱くなるという話も聞きます。
糖質制限ダイエットをして、アルコールに弱くなれば、自然とお酒の量も減るかもしれません。
自分がアルコールに向いた体質をしているかどうかを調べるには、こちらからどうぞ。
遺伝子レベルでアルコール体質かどうかが分かります。
⇒アルコール感受性遺伝子分析キットはこちら

お酒のおつまみがメタボリックになる原因

おつまみには太りやすいものがたくさんあります。
焼肉、唐揚げ、フライドポテト、濃いタレ料理、クラッカー、カナッペ、パスタ、お好み焼き、餃子、ピザ、グラタン、チーズ、ポテトチップスなどいろいろとあります。

お酒を飲むならせめて、
枝豆、海藻サラダ、冷ややっこ、もずく酢、冷やしトマト、キャベツなどのように太りにくいおつまみにすることをおすすめします。

アルコールを摂ると空腹を感じる作用もありますので、食べ過ぎになる可能性もあります。
普段はあまり食べないのに、ビールなどのアルコールが入ると、食欲が増して、いつもよりがんがん食べられるということはありませんか?
これもまたアルコールの力なのです。

お酒を飲むと肝臓が脂質代謝の代わりに、アルコールの解毒に仕事を奪われやすくなります。
おつまみもエネルギーとならずに中性脂肪になってしまいます。
せめて、ノンアルコールビールなどを飲みながら、おつまみを軽く食べるようにしましょう。

【スポンサードリンク】


アルコールは筋肉にも悪影響を与えます

筋肉を大きく成長させるホルモンにテストステロンがあります。
筋肉を増やすには不可欠な男性ホルモンの一種ですが、アルコールを飲むと、テストステロンの分泌量が下がります。
さらにアルコールを飲むと筋肉を分解するコルチゾルの分泌量が増え、筋肉量を減らしてしまいます。
お酒は脂肪だけではなく、筋肉にも悪いのです。
どうしても飲みたい人も、筋トレをしない日に飲むとか、飲酒を控えめにするなどの工夫をしましょう。

お酒を飲んだ後、運動を無理しない

お酒を飲むと、太る! と焦って、運動しようと考える人もいます。
特にアルコールを汗で流すのはいいことだと、ジョギング(ランニング)などする人がいます。
しかし、心臓への負荷が強いので、できればやめましょう。
酔っていて、平衡感覚が狂っていれば、事故にあってしまう可能性もあります。
もし運動をやるなら、ウォーキングなどの軽いものにしましょう。
ウォーキングというよりも、軽い散歩という感じが良いかもしれませんね。

ダイエットにおすすめなお酒

ダイエット中でもお酒の種類によって、飲んでも良いものがあります。
飲んでも良いお酒をいくつかあげてみます。
その中に自分の好きなお酒がない場合でも、ダイエット中でも飲めるお酒はあります。
気になる方はネットで調べてみるのも良いです。

【ハイボール】
ハイボールはウイスキーを炭酸で割ったものです。
ウイスキーは蒸留酒といって、アルコール度数は高いけど、糖質と脂質は0です。
炭酸が入っているので、満腹感も得られやすく、量を抑えることができます。

【ウーロンハイ】
ウイスキーと同じく蒸留酒である焼酎は、もちろん糖質は0です。
焼酎をそのまま飲むか、カロリーの少ないウーロン茶や水などで割るのがおすすめです。

【ウォッカ、ジン、テキーラ、ラム】
これらも蒸留酒なので、比較的太りにくいです。
またカロリーも少ない為、ダイエットでお酒をもし飲むなら、おすすめです。

【赤ワイン】
ワインはビールと同じ醸造酒ですが、カロリーと糖質は少なめです。
飲みすぎればもちろん問題ですが、グラスで1,2杯程度であれば、問題はありません。
また赤ワインにはポリフェノールなどが含まれ、美容にも健康にも良いですね。

【生グレープフルーツサワー】
グレープフルーツの香り成分「ヌーカトン」には脂肪燃焼効果があります。
ビタミンCや食物繊維も豊富で、美容、ダイエットともに良いですね。

アルコールOKといっても飲みすぎは禁物です。
ただアルコールは我慢できない人もいると思いますので、上の例を意識しながら飲むと良いでしょう。
最近では糖質オフ、カロリーオフのビールなどもありますし、自分でうまく調節をしましょう。

血液型ダイエットではO型の人は糖質でも太りにくいといいます。
しかし、信憑性は怪しいです。このあたりは個人で判断してみてください。

【スポンサードリンク】


ダイエット中のアルコールはダメ?

酵素ダイエットでも、ケトン体ダイエットでも、バナナダイエットでも、糖質制限(炭水化物抜き)ダイエット、ココナッツオイルダイエット、食べる順番ダイエットでも、なんのダイエットでもそうですが、ダイエット中のアルコールは基本的にダメです。
飲むなら、さきほどの「ダイエットにおすすめなお酒」やダイエットに向いているお酒がどうか調べてから、飲むようにしましょう。
せっかくダイエットするのですから、できれば効果あるダイエットをしてもらいたいと思います。
その為にはアルコールはやはり禁止、というのが私の答えです。
特に無理なダイエットで断食などする場合に、いきなりアルコールを入れると危険です。

自分がアルコールに強いかどうかでも、ダイエット中のアルコールは変わってきます。
アルコールが自分にどんな影響を与えるか、興味がある方はこちらから。
⇒アルコール感受性遺伝子分析キットはこちら

【スポンサードリンク】