C824_choko2_TP_V

おやつ抜きダイエットというものがあります。
そりゃあ、おやつ抜けば、ダイエットになるわ、と思います。

このダイエットはもともと間食がある人に向いたダイエットです。
そりゃあ、間食ある人じゃないと、おやつ抜きもできないわ、と思います。

しかし、もともと3食以外におやつを食べている人には効果大です。
おやつを食べていない人には何でもないことですが、おやつを食べる人にとっては厳しい食事制限ダイエットだと思います。
私もコーラやポテチを食べる癖があり、その所為でおそらく体重も増えているので、おやつ抜きダイエットは向いているかもしれませんね。

あと女性もおやつを食べる人が多いといいます。
会社のデスクにもクッキーやチョコを隠して持っている女子は多くいますよね。
ついつい間食しながら、ダイエットについて考える……それも女心なのかもしれません。

おやつ抜きダイエットのやり方

おやつ抜きダイエットとは、なんと!

朝食、昼食、夜食の3食以外は食事をしない!というダイエットなのです。

そのまんまですね。
でも、おやつ抜きがつらい人にとってはこの単純なダイエットも苦しいのです。
ぽてち、クッキー、チョコレート、菓子パン、ケーキ、プリン、ゼリーなど。
この世には美味しいおやつがたくさんあります。
たくさんあるからこそ、間食をやめることは非常に難しいのです。

おやつ抜きダイエットは効果的!

おやつは3食+余分なカロリーを摂っているので、ダイエット効果は抜群です。
おやつを食べていればいるほど、その効果は実感できるでしょう。
コーラやサイダーや甘いジュースを飲んでいる人は、お水やお茶に変えるとさらに効果的です。

糖質ダイエットにしろ、脂質ダイエットにしろ、食事制限ダイエットはキツイものがあります。
おやつは誘惑が強いため、ひょっとすれば、さきほどの2つのダイエットよりも我慢が必要で、ストレスがたまりやすいかもしれません。

おやつなんていつでもやめられる。
そう考えている人ほど、このおやつ抜きダイエットは難しいかもしれません。
禁酒が難しいように、禁煙が難しいように、お菓子(糖質)を禁じることは難しいです。

おやつ抜きダイエットも禁酒と禁煙と同じように禁断症状のようなものがでます。
それまで糖質をとっていた人が急にやめると、体も糖質を強く求めてしまいます。
「おやつが食べたくてたまらない」というのは、情けない状態ではなく、ある種仕方ないことなのです。
だからこそ、おやつ抜きダイエットもまた他のダイエットと同じように覚悟が必要です。

私はおやつも食べ、コーラも大好きです。
体重が増えたということもあり、やめようやめようと思っていても、なかなかやめられません。
最近ではなんとかコーラをやめることに成功しつつあります。

おやつ抜きダイエットは余分なカロリーを摂らないだけのダイエットであり、普段の食事はバランス良く食べることができるので、健康に良いです。
ご飯を食べ、お肉を食べ、野菜を食べ、しっかりと栄養バランスをとりましょう。
もちろん、おやつ抜きにしたからといって、ご飯を食べ過ぎるのはNGです。

【スポンサードリンク】


おやつ抜きダイエットのメリット

おやつを抜くというのは体重を減らすだけではありません。
お菓子は糖質と油が含まれているので、肌荒れの原因にもあります。

よくありませんか?

おやつを食べ過ぎると、顔に吹き出物(にきび)ができてしまうことが…。
そういった肌の健康を保つためにも、おやつ抜きダイエットは良いです。

私の友人の中にはおやつ抜きダイエットを1週間して1キロやせるばかりか、肌がつるつるになったという人もいます。
どれだけおやつに健康が依存していたかにもよりますが、一度、一週間二週間と試すのも有りだと思います。

おやつ抜きダイエットのポイント!

食後のデザートを食べる癖がある人は、食べないようにしましょう。
ダイエット中なのですから、そこは我慢しましょう。

飲み物はコーラや無果汁の甘い飲み物など砂糖が入っているものは飲まないようにしましょう。

空腹感がどうしても我慢できない場合は、こんにゃくなどカロリーのないものを食べる癖をつければいいと思います。
味気なくて、まずいかもしれませんが、ダイエットのためです。
ガムなどを噛むのも満腹中枢を刺激することになるので、良いかもしれません。

いきなりおやつ抜きにする必要はありません。
おやつ抜きダイエットは完全に間食を失くすダイエットですが、いきなりやめるのはストレスですし、難易度が高いです。
少しずつおやつを食べる量を減らす「おやつ制限ダイエット」もおすすめです。
ダイエットで大事なのは継続です。
無理して初めから「0」にする必要はなく、徐々に減らしていきましょう。

理想の体重にたどりついたら、またおやつ制限を緩めにしても良いと思います。
ずっとおやつ制限しっぱなしだと、それはそれでストレスですからね。
誕生日やクリスマスなどのイベントの時は無理しないで、その時は解放しましょう。

【スポンサードリンク】


お菓子を食べてしまったら?

お菓子を食べてしまったら、適度な運動をしましょう。
ウォーキング、ジョギング、サイクリングなどの有酸素運動がおすすめです。
カラオケに行く人は、腹の底から声を出せば、カロリー消費になって、ダイエットにつながるそうです。
ストレス解消しながら、ダイエットできるのは良いですね。

おやつ抜きダイエットも苦しい! という方は遺伝子ダイエットがおすすめです。

遺伝子ダイエットとは?

遺伝子ダイエットとは、あなたの遺伝子を調べることによって、あなたの本来の体質を知り、あなたにあったダイエットをすることです。
遺伝子レベルで、あなたにあったダイエットを見つけられるので、どのダイエットにしようか悩んでいる人にはとてもおすすめです。
あなたは何の食材で太るのか? 何の食材でやせるのか? 分かります。
興味があれば、遺伝子を調べてみましょう。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】