sukuwatto

筋肉トレーニングを使ったダイエットはいくつかあります。
おそらく、ダイエットと聞いて、これは効く!と感じるダイエットは「腹筋」ではないでしょうか?
でも実はそれは違うのです。

室内で出来る筋肉トレーニングでダイエットに有効なのがスクワットです。
スクワットはご存知の方も多いと思いますが、腰を下げて、立つを繰り返す筋肉トレーニングです。
主に太ももを鍛えることができます。
詳しいやり方は後程、説明します(動画も用意しています)。

なぜスクワットがダイエットに有効なのかというと、太ももの筋肉は腕の筋肉やお腹の筋肉に比べて、筋肉量が大きいです。
鍛えやすい筋肉のため、基礎代謝が上がりやすく、太りにくい体質にすることができます。
またスクワットは全身の筋肉をまんべんなく鍛えることができるとも言われています。

しかし、スクワットもたくさんの回数をすれば、筋肉は肥大し過ぎます。
ダイエットにもなりますが、下半身が筋肉太りし、細い美脚にはなりません。
ですが、ある程度の回数に抑えることで、筋肉が付けながら細い美脚を手に入れられます。

スクワットはダイエッターの中では定番の筋肉トレーニングです。
続ければ、成功しやすいダイエットです。
女性は細い美脚を手に入れるために、男性はたくましい脚を手に入れるために、スクワットの正しい方法を身に着け、実践してみましょう。

【スポンサードリンク】


スクワットダイエットのやり方

詳しく説明された素晴らしいスクワット動画があります。
動画を見ることができる環境であれば、こちらを見ていただければと思います。

動画が見られない方はこちらの箇条書きをご覧ください。
1.足の幅を肩幅と同じにします。
2.つま先を前に向けます。
3.腕をまっすぐにし、腕の位置を肩の高さまで上げます。
4.股関節から後ろに曲げるように、腰を下ろします。
5.地面と太ももが平行になったら、立ち上がります。
6.これを繰り返します。

この時、注意点があります。
・地面と太ももが平行になるまで、きちっと腰を下ろすこと。
・膝がつま先より前に出ないようにすること。
・お尻は後ろに出るようにすることです。
・膝を曲げる時は鼻呼吸で息を出し、膝を伸ばす時は口呼吸で息を吸い込みましょう。

文章だけではよく分からない、正確にスクワットをしたいという人は動画をご覧ください。
きちんとしたスクワットなだけあって、負荷も大きく、結構しんどいですよ。

このスクワットを何回すればいいかというと、1日に15回を3セット行います。
筋肉が付いて来れば、回数を増やしてもいいのですが、そうすると筋肉が肥大してきます。
たくさん回数ができるようになっても、細い美脚を目指すなら15回3セットがおすすめです。
頻度は毎日が理想的ですが、あなたの体力と筋肉の状態から判断するようにしましょう。

スクワットの効果とは?

スクワットを15回すると、腹筋500回の効果があると言われます。
これはスクワットに使う筋肉の方が、腹筋に使う筋肉よりも大きい為、基礎代謝が増えるからです。
それだけエネルギーを消費しているのですから、ダイエットにおすすめなのもうなずけます。

しかし、スクワットは1回で多くても消費カロリーは0.5kcalです。
決して多いとはいえず、スクワット15回では1,2分ジョギングしたのと同じぐらいの効果です。
でも、大切なのは筋肉を鍛えて、基礎代謝を上げることなので一時的な消費カロリーは問題ではありません。
エネルギーを消費するのではなく、脂肪を徐々に燃やすのです。

逆にいうと、筋肉がある程度つかないと、体もやせません。
だいたい1か月ぐらいは目途に頑張ると良いと言われます。
早い人は1週間から2週間の期間で効果が出るといいますが、調べたところ、それは少数派です。
気にするべきは体重ではなく、体型がどう変わるかです。

筋肉は脂肪よりも重い為、はじめは体重が増える可能性はあります。
しかし、それは数値上のもので、見た目は痩せてきます。継続して続けましょう。
逆にふとももが大きくなりすぎてきたと感じれば、回数を落とすようにしましょう。

筋肉の材料はたんぱく質です。
スクワットダイエットは高たんぱく質ダイエットと組み合わせると効果的です。
食事とスクワットで筋肉を鍛えて、脂肪の燃焼率をあげましょう。

【スポンサードリンク】


スクワットダイエットのメリットとは?

美脚だけはなく、美尻にも効果有り

ダイエットをしようとしている人の中にはお尻が垂れている人もいると思います。
それがコンプレックスになって、ゆったりとした服を着たりしていませんか?
スクワットはお尻の筋肉も鍛えることができるため、ヒップアップ効果があります。
きゅっとしまったお尻を手にいれるにはスクワットはおすすめです。

ふくらはぎから健康になる

ふくらはぎは第二の心臓と言われています。
ふくらはぎは揉むと良いというのが流行りました。
スクワットはふくらはぎの筋肉も鍛えることができるので、健康に良いのです。
特に年齢が重ねられた方や筋肉が弱い人は、足の血液を送り返す力が弱くなっています。
すると、血行不良が起こり、老廃物がたまり、むくみなどにもつながったりします。
スクワットはダイエットの面だけではなく、健康面でも役立ちます。

姿勢が綺麗になる

スクワットはきちんとした姿勢で行うことになるので、姿勢を正しくする効果があります。
実際やってみると分かりますが、腹筋や背筋も鍛えられるため、猫背矯正にもつながります。
バランスの良い筋肉が鍛えられるため、立つ姿、座る姿が美しくなります。

お腹まわりもやせる

姿勢が正しくなり、腹筋も鍛えられるので、自然とお腹まわりもやせます。
スクワットは筋肉量を通常の腹筋よりも増加させる為、基礎代謝があがりやすいのです。
脚もやせて、ウエストも細くなるのだから、嬉しいですね。

スクワットダイエットのデメリットとは?

回数をやりすぎると、太ももが大きくなりすぎてしまいます。
回数には気を付け、急いで筋肉をつけようとダンベルなどを持ちながらするのは控えましょう。

筋肉トレーニングなので、筋肉痛にもなりますし、疲労がたまります。
はじめのうちは2日に1回(15回3セット)をやるなど調節しても良いと思います。
また筋肉痛は筋肉が付いてきている証拠でもありますので、むしろ喜びましょう!

筋肉量が増えるので、体重の数値は重くなる可能性があります。
体重と体型、どちらが大切かと問えば、おそらく体型だと思います。
体型はやせていっているはずですので、安心してください。
ただ体重の数値はモチベーションにもつながりますので、重くなる可能性は頭の片隅にでも覚えておいてください。

まとめ

スクワットダイエットは口コミや体験談も成功したものが多いですし、アメリカでも流行しているおすすめのダイエットです。。
ただ、あなたにはもっと向いているダイエット法があるかもしれません。
あなたの遺伝子を調べることによって、遺伝学的にあなたに向いたダイエットが見つかるかもしれません。

あなたは自分の遺伝子情報を知りたいとは思いませんか?

遺伝子情報を知れば、どの職制限が向いているのか? どの筋トレが向いているのか? が分かります。
あなたに向いたダイエット法が分かれば、モチベーションも保ちながら、ダイエットができると思います。
なぜなら、遺伝子を根拠にしているのだから、成功する確率が非常に高いダイエット法だからです。
遺伝子ダイエットを試したい方はこちらからどうぞ。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】