f1eb9cf2188e1e48b884c32c6849955f_s

こんにゃく。
大好きって人も聞かないけど、大嫌いって人もあまり聞かない食品です。
ダイエットだと昔からよく聞く食材で、こんにゃくダイエットも一時期流行しました。
今でもこんにゃくダイエットされている方は多いと思います。
カロリーは低いですし、満腹感も得られやすく、確かにダイエットに向いています。
食べても痩せることができますので、こんにゃくに抵抗がなければ、楽なダイエット法の一つかもしれません。

芸能人でもお笑い芸人のたんぽぽ白鳥久美子さん、今はどうなったのか分からない芸能人岡本夏生さん、お笑い芸人の三瓶さんやモデルさんなど芸能界でもこんにゃくダイエットの成功者は多いようです。
では、どのような方法でしていけばいいのか、紹介します。

こんにゃくダイエットのやり方・食べ方

【食前に食べると効果あり?】
こんにゃくは満腹感がありますので、食前に食べることによって食事の量を減らすことができます。
こんにゃくに含まれた食物繊維は水分でよくふくらむので、お水を飲むといっそう満腹感があります。

【朝食、昼食。夕食、いつ食べるの?】
こんにゃくダイエットは置き換えダイエットの一つで、ご飯の代わりにこんにゃくを食べると良いです。
ただ朝食、昼食、夕食と毎食こんにゃくに置き換えていては炭水化物(糖質)が足りなくなります。
個人的には夕食だけこんにゃくにする、「夕食こんにゃく」ダイエットがおすすめです。
ダイエットは栄養バランスもきちんと取れないと失敗だと思います。

【こんにゃくご飯】
お米と一緒に炊ける細切れにしたこんにゃくが売られています。
これを混ぜるだけでもカロリーを減らして、ダイエットになります。

【どれくらいの頻度で?】
こんにゃくダイエットは毎日が良いです。
夕食こんにゃくダイエットをすれば、特に栄養不足になったりなどのデメリットはないので、毎日続けた方が良いです。

【おやつや間食は?】
おやつ・間食にお腹が減った時もこんにゃくを食べれば、カロリー削減できます。
実は太っている人の多くはおやつ・間食が原因だったりします。
おやつ抜きダイエットもおすすめですが、おやつをこんにゃくに置き換えるのも良いですね。

【そのほかの話】
おでんの場合も、練り物より、こんにゃくを意識して食べると良いです。
こんにゃくスムージーというのもあります、詳しくはクックパッドのこちらをどうぞ。
妊婦(妊娠中の方)さんや産後のお母さんにも安全にできるダイエットです。よく噛んで食べましょう。

【スポンサードリンク】


こんにゃくダイエットのメリット

こんにゃくにはグルコナンマンという食物繊維が入っています。
食物繊維は便秘解消につながりますので、便通が良くなり、便秘解消になります。
でも、便秘解消効果があるからと食べ過ぎると、太ることもありますし、下痢になったり、逆に便秘になったりします。

こんにゃくには糖分の吸収を抑え、脂質やコレステロールを排出効果があります。
そのため、ダイエット効果があります。

食事制限がダイエットの中では比較的楽な方なので、ストレスなく続けられます。
続けられるというのはダイエットでは非常に大事なポイントです。

無理な食事制限をせずに続けられますので、リバウンドしにくいと言われています。
ただ元の食事に戻したり、ドカ食いをすると、体重は戻ってきます。
これはカロリー制限しているダイエットには全て言えますが、制限をやめれば、戻る可能性は高いです。
こんにゃくダイエットも痩せて理想の体重になったら、一度やめて、少し体重が戻ったら、またこんにゃくダイエットをするという感じで定期的にやるのが良いでしょう。

こんにゃくダイエットのデメリット・注意点

こんにゃくには栄養が少ないので、こんにゃくばかり食べていては栄養不足になりやすいです。
こんにゃくダイエットをする時も、食べ過ぎはいけませんが、お肉やお魚やお野菜は摂るようにしましょう。

こんにゃくは繊維質になっていて容易に消化ができない弊害があります。
その為、固まりのまま腸にいってしまい、腸をつまらせてしまい、腸閉塞になることがあります。
食べ過ぎに注意すること、よく咀嚼することが大切です。

【スポンサードリンク】


こんにゃくダイエットはどれくらいで効果がある?

人によりますが、1週間2週間で1キロ2キロ落ちる人もいるようです。
糖質制限ダイエットの一つでもあるので、即効性はあり、短期間でやせやすいです。
一ヶ月二ヶ月……半年と長期で続けても痩せないなら、たぶん向いていないダイエットです。
問題は、こんにゃくに飽きるというあたりですが、クックパッドなどでレシピを探してみましょう。
私は料理があまり得意ではないですが、クックパッドのメニューであれば分かりやすく、作りやすいです。
お弁当にもいれると良いですよ。

口コミ評価は特別良い訳ではないですが、比較的成功談が多いです。
極端な口コミがないことから、さまざまな人に向いたダイエット法だとも思います。
体験談を見ると、結果がものすごいということはなさそうですが、そこそこの結果は出そうです。
たまに「太った」「痩せない」という書き込みを見ますけど、痩せたという方が多いです。

さらに効果を高めるには、やっぱり適度な運動が必要です。

こんにゃくダイエットでも運動、筋トレしよう

こんにゃくダイエットはカロリーを減らす方法です。
それだけではなく、運動で消費カロリーを上げて、筋トレで基礎代謝をあげるのがおすすめです。
有酸素運動とはウォーキング、ランニング(ジョギング)、スイミング、サイクリングなど息をはぁはぁさせながらする運動です。
筋肉トレーニングは腕立て伏せ、腹筋などありますが、おすすめはスクワットダイエットです。
スクワットは使う筋肉が非常に大きいため、とても痩せやすいです。

でも、もっと効果のあるダイエットをしたいという人は「遺伝子ダイエット」がおすすめです。

遺伝子ダイエットとは?

遺伝子ダイエットとは、あなたの遺伝子を調べることで、遺伝子にあったダイエットをする方法です。
世の中には非常に多くダイエットの方法が溢れていますが、どれ選べばいいのか分からないと思います。
今回の「こんにゃくダイエット」もあまりデメリットはなく、おすすめではあります。

しかし、遺伝子ダイエットであれば、もっとあなたにあった、あなただけのダイエットができます。
自分の遺伝子、ダイエット体質を知る意味でも一度調べてみることをおすすめします。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】