ee5796873835545ad899f847fa47f1fb_s

子供も大人も大好きなカレー。
栄養満点で美味しいあのカレーが実はダイエットにも良いって知っていましたか?
あのイチロー選手もカレーを毎朝食べているって、以前言っていましたね。
他にも芸能界では女芸人のバービーさんもテレビ(ビューティーコロシアム)の企画でされていたり、TKOの木下さんもカレーダイエットをされていたようです。

私は子供の頃は実はカレーは嫌いでしたが、大人になって好きになってきました。
ラッキョウや福神漬けが美味しく食べられるところも良いですね。
でも、カレーは高カロリーなのに、ダイエットに向くの? と思いませんか?

確かにカレーは高カロリーなメニューですが、スパイスが脂肪を燃焼します。
高カロリーなのは難点なところでもありますが、朝に食べることでそのデメリットも打ち消します。
ずばり、カレーダイエットとは、朝に食べることがポイントです。

カレーダイエットとは?

カレーにはたくさんスパイスが含まれています。
スパイスが代謝を上がる為、脂肪燃焼する力があります。
基本的には朝食カレーダイエットが有名であり、朝から一日の代謝を高めます。
またスパイスの効果により、脳が活性化されるので、頭が冴えわたります。

【スポンサードリンク】


カレーダイエットの食べ方・やり方?

カレーダイエット

朝にカレーライスを食べます。
朝食は多めに食べても、一日でエネルギー消化される為、しっかりと食べて良いです。
正確にいうと、朝カレーダイエットですね。

カレーには甘口、中辛、辛口、激辛があります。
辛ければ辛いほど効果があるように感じますが、実は違うようです。
テレビで放送された「主治医が見つかる診断所」でしていたのですが、市販のカレーは甘口、中辛の方がスパイスがより入っているようです。

さらにダイエット効果をあげるには?

ご飯をたくさん食べると、カロリーが高いです。
炭水化物は摂りすぎるとエネルギー代謝ができずに、脂肪になってしまいます。
そこでご飯の代わりにかさましに、キャベツを入れるのも方法です。
キャベツを入れることにより、カロリーも削減でき、満腹感も増します。

野菜の量を増やすのもおすすめです。
じゃがいもやニンジン、玉ねぎ、なすびなど。
お肉は減らす必要はないです。
お肉は太るイメージがありますが、筋肉をつくるたんぱく質が入っているので、しっかり食べます。
そうすることで筋肉が付き、結果的に基礎代謝があがり、太りにくい体質になります。

他にも炭水化物を減らす方法として、お粥を食べることもおすすめです。
カレーはお粥とも相性が良いので、栄養もとれて、カロリーも減らすことができます。
玄米や五穀米などにすると、さらに健康的に痩せることができますね。
お粥のほかにおすすめなのは、豆腐も意外に相性が良いので、おすすめです。
豆腐が好きな人は「豆腐ダイエット」もあわせてご覧ください。

もういっそのこと、ご飯を完全に抜く人もいます。
炭水化物ダイエットになりますが、炭水化物を完全に抜くのはおすすめできません。
特に朝カレーは、ある程度炭水化物をとることで、朝から元気でいられるのです。
もし、ご飯抜きカレーダイエットをするなら、それは夜ごはんにすることをおすすめします。

食べるタイミングは?

何度も言いますが、食べるタイミングは朝がおすすめです。

理由は3つです。
1.カレーは栄養食なので、食べることで一日元気に過ごすことができます。
2.カレーは頭を活性化するので、一日頭が冴えわたります。
3.カレーは高カロリーなため、朝から摂ることで、カロリーを消費できます。逆に昼食、夕食と全部食べると高カロリーなので、太る可能性は高いです。

健康に美味しく痩せるために、朝カレーはとてもおすすめです。
昼や夜に食べる場合にはカロリー消費に気を付けるようにしましょう。
少し面倒なのは、朝からカレーを食べること自体ですね。
作るのは前日で良いですが(一日置いたカレーは美味しい)、胃にもたれる人はいますよね。
胃腸に負担が来る、朝からキツイという人には向かないダイエットだと思います。

食べる頻度は?

毎日食べると、効果的です。
栄養満点なので、健康にも良いですし、好きな人は毎日食べても飽きないと思います。
逆にそんなにカレーを食べるのは飽きるという人はたまに朝カレーダイエットをしましょう。
その分、カレーダイエットとしての効果は下がりますが、他のダイエットを混ぜれば良いと思います。
今日は豆腐ダイエット、今日はバナナダイエット、今日はこんにゃくダイエットといろいろと試してみると良いと思います。

味に飽きる、飽きた

毎朝食べていれば、みんな大好きカレーライスでも、飽きる人は結構いると思います。
そういう時、レシピに悩めば、クックパッドをご覧いただければ解決しやすいです。
手料理が苦手な人でもつくれるようなメニューも多く、カレーの献立に役立ちます。

カレーダイエットに向いているのは?

向いているというか、朝カレーをするには朝から食欲旺盛でなくてはいけません。
スパイスが入っており、低体温を改善するので、冷え性などの人にはおすすめです。
胃に重いという方は無理して食べていると、消化不良になって逆効果です。
手作りよりもレトルトはお手軽で良いですが、栄養点では見劣りします。

【スポンサードリンク】


カレーダイエットのメリット

疲れやすい夏には良いダイエット

ダイエット食は栄養不足で体力が落ちる人は多いですが、カレーライスは栄養満点で夏バテにもおすすめです。
ダイエットで弱りやすい人は、カレーダイエットをすると効果的かもしれません。
炭水化物(お米)もタンパク質(お肉)も野菜もとれるので非常におすすめです。

脳が活性化するので勉強、仕事がはかどります

カレーは脳が活性化するので、頭がさえます。
朝から脳が回転するので、学校の勉強や職場の仕事でも朝から効率よくできます。
カレーダイエットの利点は頭も体も朝から元気に過ごせることですね。

リバウンドしにくい体になる

カレーにはあらゆるスパイスが入っています。
唐辛子、こしょう、しょうが、にんにく、ガラムマサラなど複合したスパイスが入っています。
スパイスにより、低体温、冷え性が改善され、基礎代謝があがります。
体質が改善されるので、リバウンドはしにくくなります。

カプサイシンが体重を劇的に減少させる

一時期、カプサイシンダイエットが流行った時がありました。
ずっと絶えず唐辛子を持ち歩く女子が多いとニュースにもなりました。
カレーには唐辛子が入っており、カプサイシンも含まれています。
このカプサイシンは運動前に摂取すると、とても脂肪燃焼すると言われています。

カレーダイエットのデメリット

昼も夜も食べると太る

昼も夜もカレーライスを食べると太ってしまい、ダイエットになりません。
その人の代謝によっては、朝だけカレーダイエットでも同じことがいえるかもしれません。
基本は毎日カレーを朝に食べるのがおすすめですが、効き目がなければ2,3日に1度にしましょう。
注意点ですが、カレーダイエットは良いからと、カツカレーを食べるとカロリーが高いです。

体臭のもとになります

カレーを食べ過ぎると、体臭がきつくなると言われます。
体臭がきつい人はカレーダイエットは控えた方が良いかもしれないですね。

カレーダイエットの口コミ

良い口コミも悪い口コミもありますが、一番は「続けられない、飽きる」が多いです。
健康的に過ごせたという人がいる一方、ダイエットとしては効果がなく失敗した、痩せないという意見も散見されました。
朝にカレーライスを食べるだけでは、痩せる人は少なく、運動や他のダイエットも併用している人が多いようです。
なので、1週間や2週間という短期間で何キロも痩せるような即効性は求めてはいけないダイエットです。
カレーライスを食べて元気になり、体質を改善し、基礎代謝をあげて痩せるダイエットのようです。
一ヶ月、二ヶ月、半年など長期間の付き合いは必要かもしれません。

運動をすることで脂肪燃焼が促進される

カプサイシンなどのスパイスによる脂肪燃焼で、おすすめな運動は有酸素運動です。
サイクリング、ウォーキング、スイミング、ジョギングなどですね。
家でシャドーボクシングするのも良いですね。

ついでに筋肉トレーニングもすれば、効果は抜群です。
筋肉トレーニングにより、体の基礎代謝があがれば、脂肪燃焼もさらにアップです。
家で出来るものとして、ダンベル、腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットなどがあります。
ダイエットとしてするなら、スクワットが一番おすすめです。
スクワットは使う筋肉が広いため、消費カロリーも多く、基礎代謝もあがりやすい為です。

さらにダイエット効果を高めるなら、自分の遺伝子情報を知ることです。
自分の遺伝子を知り、適したダイエットをすれば、ダイエット効果は何倍にもなります。
なぜなら、遺伝子とは体質を作る設計図であり、その設計図にあったものを食べて、運動すれば体質もおのずと痩せるに決まっているからです。
本格的にダイエットするなら、遺伝子ダイエットを、私はおすすめします。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】