daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s

ヨーグルトって酸味があって、フルーツと相性よくて美味しいですよね。
発酵食品なので腸にも良いですし、肌にも良いですし、健康にも良いです。
私の場合、お腹の調子が悪くなれば飲むヨーグルトを飲む習慣をつけています。
そのおかげか、便秘をすることもなく、快便な日々を過ごしています。
ヨーグルトの種類はさまざまですが、ブルガリアの飲むヨーグルトが個人的にはおすすめです。

最近では健康や美容にも良いとして「菌活」としてもよくヨーグルトは食べられます。
このヨーグルトがダイエットにも使えることは広く知られていると思います。
発酵食品は体にも良いですし、栄養もあるので、ダイエットとの相性は良いです。
乳酸菌とビフィズス菌の力で腸から綺麗になって、ダイエットしましょう。

では、ヨーグルトダイエットとはどんなものなのでしょうか?

ヨーグルトダイエットとは?

ヨーグルトは乳酸菌・ビフィズス菌が豊富に含まれています。
腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことにより、どろどろ血液をさらさら血液にします。
血液の循環が良くなるため、体全体の代謝が良くなり、痩せやすい体になります。

ヨーグルトにはカルシウムが豊富に含まれています。
カルシウムは摂取量が多いと、脂肪が排出されやすいという研究結果もあります。
ヨーグルトをしっかり食べて、カルシウムを摂取して、脂肪量を減らしましょう。

健康的に美しく痩せるということから芸能人やモデルさんにも人気があるダイエットですね。

ヨーグルトダイエットのやり方、方法とは?

ヨーグルトダイエットのやり方は?

毎日、ヨーグルトを食べます。できれば、無糖の方がダイエットにはおすすめです。
また週末に野菜ジュースとヨーグルトのみで過ごす、プチ断食ダイエットにも使われます。
デザートにフルーツヨーグルトを食べれば、フルーツでビタミンもとれて、おすすめです。

ヨーグルトを食べるタイミングは?

食後のデザートでも、おやつ・間食でも良いです。
無糖のものを基本食べるので、何かフルーツと一緒にとると食べやすいですね。

朝からヨーグルトを飲んで、朝から腸を快調にするのも良いです。
また夜ヨーグルトダイエットという言葉があるように夕食にも向いています。
腸は22時から2時の間で活発になるといわれているからです。
でも、基本的にはいつ食べても効果はあるので、ライフスタイルにあわせて食べましょう。

ダイエット効果を急ぐ人は、夜ご飯をヨーグルトと野菜だけにするのもおすすめです。
夜置き換えダイエットであり、炭水化物ダイエットでもあり、比較的即効性のあるダイエットです。
夜はあとのエネルギー消費がない為、炭水化物を制限するにはおすすめです。

食べるタイミングの注意点として空腹時は避けましょう。
せっかくの乳酸菌が、あふれた胃酸によって乳酸菌を溶かしてしまうからです。
ヨーグルトを摂るのは、食前よりも食後がおすすめです。

ヨーグルトを食べる頻度は?

ヨーグルトは毎日食べましょう。
ヨーグルトに入っている乳酸菌は体内で数日間しか生きることができません。
徐々にいなくなる乳酸菌を増やすように、毎日こつこつ食べましょう。

一日にヨーグルトを食べる量は?

一日に100~300グラムを摂るようにしましょう。
摂りすぎるとカロリー過多で、体重が増える原因になります。

おすすめの食べ方

基本的には果物と一緒に食べるのがおすすめです。
リンゴ、キウイ、バナナ、イチゴ、ベリー系などヨーグルトはフルーツとの相性は良いです。
フルーツにはビタミンがたくさん含まれていたり、カリウム、ポリフェノールや食物繊維なども含まれています。
ヨーグルトの栄養の力とあわせると非常に素晴らしい健康食になります。
朝バナナダイエットというものもありますが、ヨーグルトと併せるとさらに効果が高まりますね。

低体温の人はしょうがをすりおろしたものを混ぜると効果的です。
体温が低い人はそれだけでも基礎代謝が下がり、脂肪代謝が下がります。
体を温める効果もあるので、寝る前に食べれば、安眠・睡眠効果があります。

シナモンパウダーもおすすめです。
ヨーグルトに振りかければ、代謝があがり、ダイエットの効き目もあがります。
シナモンにはビタミンB群、ナイアシン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄などいろいろな栄養素が含まれています。
栄養食であるヨーグルトの効果をさらにあげます。

スライスしたアーモンドもヨーグルトにあいます。
歯ごたえとコクがあり、さらに便通もよくなります。
カロリーが高くなる為、食べ過ぎは禁物ですが、ビタミンB群が豊富でおすすめです。

ヨーグルトにきな粉も相性が良いです。
きな粉には大豆イソフラボン、サポニンが含まれており、脂肪吸収を防ぎます。
きな粉もヨーグルトと同じく栄養バランスが良いです。
タンパク質や脂質、ミネラル、ビタミンなど含まれており、美容にも良いですね。
カロリーには注意ですが、はちみつやジャムなどで味をアレンジするのも良いです。

ホットヨーグルトもおすすめです。
ヨーグルトを温かくすることで、カルシウムの吸収率があがります。
電子でチンで良いですが、人肌にするように気を付けなければなりません。
熱くしすぎてしまうと、乳酸菌がダメになってしまうので、注意が必要です。

こんな人に向いたダイエットです

ヨーグルトが好きな人。
腸内環境が悪く、便秘などに悩んでいる人。
肌荒れが激しく、ダイエットをするとすぐ吹き出物、大人ニキビがでる人。
こういった人はヨーグルトの発酵の力、乳酸菌の力で体をリセットしましょう。

【スポンサードリンク】


ヨーグルトダイエットのメリット

腸内環境が良くなる

腸内環境が良くなり、便通が良くなります。
便秘や宿便が解消されやすくなり、体内から肌を綺麗にし、美肌になります。
老廃物も排出し、栄養価も高いので、疲労回復にも良いですね。

免疫力の上昇

ヨーグルトを食べると風邪を引きにくくなる、アレルギーに強くなると言われます。
美容と健康のためにダイエットをするなら、とてもおすすめな食材ですね。

体質改善ダイエットのため、リバウンドしにくい

ヨーグルトは腸などの体質を改善することにより、ダイエットする方法です。
なので、ヨーグルトでダイエットに成功すれば、太りにくい体になります。

【スポンサードリンク】


ヨーグルトダイエットデメリット・注意点

ヨーグルトはカロリーが高い

ヨーグルトは毎日コツコツ食べた方が良いですが、毎食たくさん食べているとNGです。
ヨーグルトは基本カロリーが高いため、一日200グラムぐらいを目安にしましょう。
特に加糖ヨーグルトは食べ過ぎに注意です。

ヨーグルトダイエット口コミ

ヨーグルトダイエットで2か月という短期間で61キロから54キロへ7キロ減少。
45歳男性が一ヶ月で8キロ体重減。
など、1,2か月単位でかなりのダイエット効果がでている人が多かったです。

特にヨーグルトダイエットで失敗したという人はいませんでした。
ヨーグルトに飽きた、という声はそれなりにありました。
病気をしづらくなり、体調もよく、肌も潤いがでてきたという成功談もありました。
失敗とまではいかないまでも、1か月で1キロしか痩せなかったという人もいました。
もし、ダイエット効果があまりでなかったら、室内でできる筋トレを組み合わせると良いかもしれません。

ヨーグルトはタンパク質も豊富、筋トレに向いています

ダイエットに欠かせない筋肉トレーニング。
乳製品であるヨーグルトはタンパク質も豊富で筋トレに向いています。
筋トレで早くダイエット効果を出したいのなら、スクワットダイエットがおすすめです。
一日15回を3セットするのですが、消費カロリー、基礎代謝上昇、ともに優秀です。

スクワットは脚部だけではなく、きちんとした姿勢ですれば腹筋、背筋も使います。
筋肉を使う量も多いので、必然的に痩せやすく、筋肉が付きやすいのです。
ヨーグルトダイエット+スクワットダイエットは相性が良いです。

では、あなたの体に相性の良いダイエットは何でしょうか?

あなたの体質+???ダイエット=相性の良いダイエット。
この???に入るものが、体質と相性が良ければ良いほど効果的になります。
しかし、この???を見つけるのは非常に難しいことです。
自分の相性の良いダイエットを見つけることはできるのか?

それはあなたの体質を調べればわかるかもしれません。

でも、体質を調べる方法なんてあるんでしょうか?
ちまたで噂の血液型ダイエットは少し曖昧すぎる気がします。
ということは、その曖昧さがもっと明確になったダイエットがあればいいのです。

そこで今、流行っているのが血液型よりももっと明確なダイエット。
それが遺伝子ダイエットです。
あなたの遺伝子を調べることで、あなたの遺伝子レベルにあったダイエットが分かるようになります。
効率の良いダイエット、成功する確率の高いダイエットを求めるなら必須だと私は思います。
興味がある方は一度、自分の遺伝子を調べることからはじめてみましょう。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】