e0cb44d94d9722bafbcdb42ce19c83d1_s

大学受験の際、勉強のストレスで食べ過ぎて私(女性です)は15キロ太りました。
予備校や塾に通わず自宅で学習していました。
受験前3か月間、外に出る機会もあまりなく毎日普段着スエットのまま、また人に会うこともなかったので指摘もされず。
太っていることを自覚したのは無事志望校に合格した時でした。

今まで着ていたジーンズやスカートが全く履けなくなっていることに驚愕!
ゆったり系のニットを着るとピチピチになり、ワンピースのチャックが閉まらないことで、自分の醜い姿に気がつきました!

【ワンポイント】
誰にも見られない日々が続くと、感覚がマヒしてしまいます。
見た目に不精になってしまい、ついつい肥満体型になる人も多いです。
毎日、鏡チェックをする、外に出るなど、引き込もりがちな生活から抜け出すことが大切です。

【スポンサードリンク】


受験合格後、高校の卒業式を出席するのが恥ずかしい

私の通っていた高校は私服だったので、卒業式も思い思いの服装で出席します。
ドレスや着物、袴を着たり、ちょっとふざけてコスプレしてみたり……。
今まで先輩たちの卒業式を見てきて、一人一人とても気合いが入っていて個性的で、憧れの卒業式でした。

いざ受験が終わると私も卒業式に向けて準備しなければいけないことを思い出し、焦りました。
この体型で何を着ればいいのか……。
元々45キロだったのが60キロ。
元々はそこそこスタイルも良くていつもミニスカートを着たりお腹をちら見せしたりしていたのに、この体型では無理です。

そこそこ自信があったスタイルが、もう肥満体型です。
今までは太っている人をどこか冗談交じり小馬鹿にしていたのに……自業自得とはこのことでしょうか?

そこで私は人生で初めて本気のダイエットを決意しました。
農家をしている祖母から送られてきたブロッコリーが家に大量にあり、母が持て余していました。
ただそれだけの理由ですが私は「ブロッコリーダイエット」を始めたんです。
今思うとなんとも安直でした。

【ワンポイント】
ブロッコリ―のように野菜を中心にした低カロリーダイエットは成果がでやすいのでおすすめです。
ただ一つの野菜のみでダイエットをしようとすると、飽きが来やすくなるので注意が必要です。

【スポンサードリンク】


ブロッコリ―ダイエット

毎日ブロッコリーを大量に茹でて、塩だけで食べます。
お腹が空いたらブロッコリー。
芯ももちろん葉っぱも食べます。
途中で塩に飽きたので、ポン酢でも食べるようになりました。
卒業式まで1か月半、痩せるとこまで痩せなければと、本当にブロッコリーだけしか食べませんでした。

高校の同級生に「卒業式に着る服を買いに行こう」と言われ、渋谷109に買い物に行きました。
私はやっぱりセクシー系で行きたかったので、まだデブでしたが、思い切りました。
スリットの大きく入ったタイトスカートと胸元が大きく開いたジャケットを買いました。
この時点ではサイズ的に入らなかったので、卒業式にこれを着れるかどうかは賭けでした。

段々とブロッコリーに飽きましたし、母にも栄養的に他のものも食べなさいと怒られました。
しかし、決めたことは必ず守る、体育会系で猪突猛進型の私は一ヶ月半、本当にやりきり、最終的に10キロ痩せました。

【ワンポイント】
世の中には楽そうに見えるダイエットも多々あります。
しかし、最後の最後、大切になってくるのは、ダイエットを成し遂げるという強い意思です。
彼女はこの強い意思があった為、ダイエットに成功したようです。
きっとブロッコリーダイエットでなくても、彼女なら成功したでしょう。

私は元の体型には戻れませんでしたが、卒業式は無事セクシースーツを着ることができました。
痩せたことをみんなに褒められ、いい気分でした。
母はセクシースーツに大反対していましたが、写真もいっぱい撮って私的には満足のいく式となりました。

油断から生まれる恐怖のリバウンド

でも……その3か月後、もちろんリバウンドです。
また5キロ太りました。
やっぱり短期間の極端な方法でのダイエットはダメですね。
ブロッコリーダイエットの反動で、甘いものや炭水化物、揚げ物などを思う存分食べてしまったんです。
でもその後は普通の生活に戻し、普通に食べるようになったら、半年かけて徐々に元に戻りました。
大学に慣れてきた頃には体型も以前の通りに戻りました。

あれから15年。
懐かしい写真を見る機会があります。
15キロ太った時に写真は撮っていないので、あの時の姿は見れないのが幸いです。
でも、卒業式の写真はたくさん持っています。
小太りの私とダサいスーツ。
周りの可愛い子は袴や着物や可愛いドレスを着ているのに(笑)
私は何を勘違いしたのか自慢げに脚とない谷間を出してキメ顔をしている。
本当に恥ずかしいです。

それにこの時期の写真を見ると、ブロッコリーは食べたくなくなります。
もしあの頃に戻れるのなら、ずっと食べ続けても美味しいダイエット向きの食材を教えてあげたいですし、
あのセクシーもどきのスーツ、全然良くないよってことも教えてあげたいですね。

【ワンポイント】
極端すぎるダイエットをすることで、リバウンドした彼女です。
そのあとは普通の食事を繰り返し、元の体重に戻ったようで良かったですね。
ダイエットはリバウンドしないことも大切なことです。
その為には自分の体質にあった、ダイエットが必要だと私は思います。

自分の体質、自分の遺伝子にあったダイエットを提供してくれるダイエット法。
遺伝子ダイエット、「遺伝子博士」です。
自分が何の食べ物によって太るのか?
何の運動が適しているのか?
遺伝子を根拠に詳しく教えてくれます。
興味がある方はこちらからどうぞ。

⇒遺伝子博士の公式ページを見てみる

【スポンサードリンク】