PP_gyuunikumisuji_TP_V

高たんぱく質ダイエットとは?
食べて寝るだけという非常に簡単なダイエット法で今人気があがりつつあります。
高たんぱく質で、基礎代謝をあげて、脂肪を燃焼させる!
ハイプロテインダイエット、ハリウッドダイエット、セレブダイエットとも呼ばれます。
ネーミングがなかなかシャレていますね。

この方法は従来のダイエットと異なり、お肉を我慢せずに食べることができます。
お肉が大好きな人にはうってつけのダイエット法ですね。
糖質制限ダイエットと併用しながら、ダイエットする人も多いようです。
カロリーも意識することで、早く効き目が出て、痩せにくい体になります。

高たんぱく質ダイエットのやり方

たんぱく質を多く含む、「肉」「魚」「卵」「大豆製品」「乳製品」を中心に摂取します。
野菜や炭水化物もバランスよく摂っても良いので、健康的に痩せることができます。
ただし、お肉などは脂質も多く含まれているものもあるので注意が必要です。

高たんぱく質でダイエットは効果的ですが、それ以上に脂質を摂りすぎても太ります。
高たんぱく質ダイエットだからといって、「食べ過ぎは禁物」です。
できれば、低カロリー高たんぱく質の食べ物を摂るのが大切です。
例えば、豆腐、豆類、鶏肉(ささみ)、牛肉(赤身)、たまご(白身)、魚などです。

高たんぱく質ダイエットにはメリットがたくさんあります。

【スポンサードリンク】


高たんぱく質ダイエットのメリット

ダイエット中は栄養不足になりがちですが、
高たんぱく質ダイエットは栄養をしっかり摂れるので、その心配がありません。
サラダや海藻類もしっかり摂って、栄養に気を使いましょう。

今までの食事制限ダイエットは体重が落ちるものの、筋肉量も落ちるのが問題でした。
基礎代謝が落ちるため、リバウンドしやすく、脂肪は落ちづらかったのです。
だから、体重が落ちても、見た目のボディラインが理想的にならかったりしました。
しかし、高たんぱく質ダイエットなら、筋肉量をあげるので、リバウンドしづらいです。
筋肉が付くので、ボディラインがとても整いやすいです。
見た目美しくダイエットをするには高たんぱく質ダイエットはおすすめです。

食事制限をしないので、敷居が低いダイエットというのもポイントです。
我慢が少なくストレスなくダイエットができます。
食事制限などの他のダイエットは痩せたとしても、
長続きしなかったりしてリバウンドする可能性が高いという欠点があります。
大切なのは無理なく長続きできる、自分にあったダイエットです。
その点、高たんぱく質ダイエットを気に入る人は多いのではないでしょうか?

たんぱく質を豊富にとっていると、肌も綺麗になります。
他にも髪の毛や爪などもたんぱく質によってできているので綺麗になります。
女性にはとても嬉しいお話ですよね。

無理なダイエットで、
・髪の毛が傷んだ。
・肌がカサカサするようになった。
・爪がもろくなった。
などのような状態で悩む人には高たんぱく質ダイエットは向いているでしょう。

このように高たんぱく質ダイエットはメリットも多いです。
くわえて、筋肉トレーニングや運動との相性も素晴らしいです。

筋肉トレーニング、運動にも向いている!
たんぱく質を豊富にとっているので、筋肉トレーニングや運動が非常に有効です。
むしろ、筋肉量を倍増させるために運動すれば、ダイエットの効き目も倍増。いや、3倍増です。
ボディラインを意識する人は筋トレやエクササイズなどで鍛えましょう。
ダイエット目的の人はウォーキング、ランニングなどの有酸素運動を取り入れましょう。
運動後にたんぱく質を多く摂れば、効果的です。

特に高たんぱく質ダイエットは脂質も多く摂る可能性があるので、
運動をすることで、脂質を燃焼し、そのマイナス要素を打ち消すことができます。
逆に運動をするのが嫌だという人は低カロリー高たんぱく質を意識しましょう。

こんな良いことずくめのような高たんぱく質ダイエットですが、
デメリットも勿論あります。

高たんぱく質ダイエットのもデメリットが…

何度も言っていますが、
高たんぱく質ダイエットは自然と脂質のとりすぎになる可能性があります。
そのため、脂質増大による病気になる可能性があります。
例えば、心臓病や動脈硬化などの危険性が高くなるリスクがあります。

特に動物性たんぱく質のみに偏ると病気リスクが高くなるため、
植物性たんぱく質もバランスよく摂ることが大切になります。
高たんぱく質ダイエットだからといって、たんぱく質に偏りすぎないでください。
バランスよく栄養を摂ることが健康においては一番良いことです。

自分が思った結果が出てきたら、一度元の食事に戻すことも大切です。
筋肉量が減った、太ってきたと思えば、また再開すれば良いでしょう。
どのダイエット法にもいえることですが、なにごともほどほどが大切です。

【スポンサードリンク】


たんぱく質ダイエットも向き不向きがある

たんぱく質にも吸収率が良い人、悪い人がいます。
たんぱく質の吸収率が悪い人は筋肉量が落ちやすく、痩せづらくなります。
そういった人は高たんぱくで、筋トレもしっかりした方が良いでしょう。

しかし、自分の体質がどうであるかを判断するのは非常に難しいです。
自分の体質を知ることができれば、
自分に適したダイエット、筋肉トレーニングをすることができます。

あなたは自分の体質がどんなものか、知っていますか?

自分の遺伝的に調べることができて、しかもアドバイスまでくれるサイトがあります。
それが「遺伝子博士」です。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】