98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

私は地元の会社で事務職をしている二十代女性です。
地元は小さな田舎町で、最寄りのコンビニやスーパーは歩いて行ける距離ではありません。
その為、すべて車移動になります。
通勤も車で、普段の生活で身体を動かすことはありません。

ある日、祖母の家に届け物を頼まれ、車ではなく徒歩で行くことにしました。
約800mほどの距離ですので、余裕で行けるだろうと思っていました。
しかし、久しぶりに歩いたらすぐに息切れをしれしまいました。
「おかしいな」とは思いつつ、運動不足だろうとゼェゼェ言いながら歩いていました。
歩いているとき、お尻あたりがとても重く、なんだか自分が歩くたびに全身の脂肪が揺れている感じがしました。

【ワンポイント】
普段から車での移動になれていると、どうしても運動不足になりがちです。
近くのコンビニ、スーパーならできるかぎり徒歩で行くことがダイエットにつながります。
彼女の場合は最寄りの店がないので、散歩などをすることが良いかもしれません

祖母の一言で自分が太ったことに気づいた

久しぶりに祖母に会い、第一声で「丸くなったね~」と言われました。
そうか、私は太ったんだ…と、さっき歩いてきたときに思ったことは間違いじゃないんだと思いました。
さっそく家に帰り体重計に乗ってみると、前回体重計に乗った時より6㎏ほど増量していました。
身体が重いのも当然です。
部屋にいる時、下着姿で全身が映る鏡の前に立ってみると、一目瞭然でした。
お腹はぽっこりというよりは、骨盤の上に脂肪が乗っかっているような感じになっていて、太ももは隙間がなくなっていました。

自分の身体をまじまじと見て、これではいけない…と、夏までにダイエットすることを決意しました。
正直、自分のだらけきった身体を見て、ショックを受けました。
ダイエットを始めるにあたり、まずは生活習慣の見直しをしました。
しかし、私自身もともとたくさん食べたりする方ではなく、外食もしません。
食生活が変わったから太った、ということではないと思いました。

【ワンポイント】
ダイエットの成功の秘訣は「なんとなくダイエットしたい」という曖昧な決意ではありません。
「ダイエットしなければ」というショックによる強い決意です。
ダイエットに追い込まれれば追い込まれるほど、ダイエットは成功しやすくなります。

【スポンサードリンク】


ダイエットを決意し行動を始めた

検索サイトでダイエットに関することを調べ、私は代謝が悪くなったのだと思いました。
以前は同じ生活をしていても、特に体重や体型は目に見えて変化してなかったです。
でも、年齢と共に代謝が落ち、脂肪が付きやすくなっているのだと思いました。

そこで私は、まずは代謝をよくするために運動を始めようと考えました。
ただでさえ、普段車移動しかしないため運動はしません。
歩くこともしないので、運動不足の典型です。
たった800m歩いただけで息切れしてしまう身体を、なんとか普通に戻そうとしてみました。

走るのはさずがに急には無理だと思ったので、まずは仕事が終わってからウォーキングを始めてみました。
始めて一週間くらいは、町内を一周しただけで疲れてしまい、次の日には筋肉痛になっていて、朝起きる時は辛かったです。
これまで、自分がどれほど身体を動かしていなかったのか、本当に実感しました。
音楽を聴きながらのウォーキング自体はたのしかったので、これは続けられると思いました。
並行して違うダイエットもやってみることにしました。

【ワンポイント】
体力があまりない人は体力をつけながらできる軽度の運動がおすすめです。
その中でもウォーキングは脚力を鍛えられ、心肺機能も鍛えられるのでおすすめです。

【スポンサードリンク】


19時以降は食事をしない!

インターネットでダイエットについて検索すると、山ほどの情報が手に入れられます。
「短期集中!3日間でー2㎏!」「たった一週間でー5㎏」など、魅力的な言葉がずらり。
しかし、ほとんどの短期型ダイエット方法に共通するのが、食生活を変えるというものでした。

炭水化物を抜く、食べてはいけないものがあるなどが多くみられました。
そこで、その中から少し楽そうなもの、私でもくじけずにできそうなものを探してみました。
それが、19時以降一切食べ物を口にしないというものでした。
仕事が終わり、まず先に食事を済ませます。そして落ち着いたらウォーキングをする、という生活を送りました。

始めて3週間ほどで体重はたしかに落ちていました。
実際ウォーキングもだいぶ楽にこなせるようになってきてました。
以前感じた、歩くたびに全身の脂肪が揺れているような感覚もなくなっていきました。
体重が減るとダイエットもやりがいを感じてきて、たのしくなってきます。

【ワンポイント】
自分に無理なくダイエットを選ぶのは継続する上で大切です。
ダイエットは続けなければ、なかなか結果が出ないものです。
またウォーキング、19時以降食べないという風に並行してダイエットを組み合わせるのは良いです。
何か一つに固執すると、続かなかったり、飽きたりする可能性が増えるからです。

自然とダイエットができる習慣が身についた

たまに友達と外食などに行くこともありました。
意識しなくても自然とカロリーが高い物や脂っこいものを避けるようになっていました。
さすがに週に3,4回も外食に行っていたら、体重に影響も出たとは思います。
しかし、月に3,4回ほどだったので、気にせず外食もしていました。

ですので、ダイエットに関してのストレスは感じませんでした。
仕事が忙しく残業の日には、ウォーキングをお休し、身体を休養させることにしたしました。
たまにお酒も飲んだりしていたので、無理なく続けることができました。

ダイエットを初めて半年たった、今でも生活は変わっていません。
たまに友達と近所のプールに出かけて泳いだり、母校の部活に参加させてもらったりしています。
むしろ以前より運動することが多くなりました。

おかげでー8㎏のダイエットに成功し、服も選びやすくなりました。
しかし、お腹がまだ少しぷにぷにです…。今後はこの生活の中に、筋トレを取り入れて行こうかなと考えています。
体脂肪率をはかってみると、標準より少し多いパーセンテージでした。
次は体脂肪率を低くするために筋トレを取り入れたダイエットに取り組もうと思っています。

短期で痩せられたらそれはもちろんうれしいことですが、リバウンドという怖いものがあります。
自分にとって無理なく続けられるダイエットを探すことが大切だと思いました。
私にとって、今のこの生活を続けるのは全然苦ではなく、むしろ体重が減ると楽しく感じるくらいでした。
自分に合ったダイエットだったのかなと思っています。

今後取り入れる筋トレも、ウォーキングを始めた時のようにはじめは筋肉痛で辛いかもしれません。
でも、頑張ろうと思います。
初心者でも身体を痛めないで自宅で簡単にできる筋トレ器具などがあったら、ぜひ試してみたいですね。

【ワンポイント】
自宅で出来る筋トレとしては、スクワットダイエットがおすすめです。
脚部は筋肉量が多いので、基礎代謝があがりやすく、ダイエットにつながります。
また筋トレ器具を購入しなくても、水の入れたペットボトルで代用もききます。
彼女はダイエットが習慣化され、楽しいと感じているので、リバウンドすることなく成功すると思います。

そんな彼女にもっと効率の良いダイエット法があります。
彼女の遺伝子を調べ、彼女の遺伝子に合ったダイエットをする方法です。
自分の遺伝子情報が分かれば、とうぜん効率よくダイエットができます。
もし、あなたが効率よくダイエットしたいなら、まずは遺伝子を調べてみましょう。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】