873246ad73adadb1544a0634f3de6439_s

私がダイエットを始めた理由。
それは出産後にホルモンバランスが崩れて体重が増加したことです。
体重増加により腰・膝の痛みが出易かったり、日常での作業が一つ一つが重労働になりました。
「このままではもっともっと辛くなるから何とかしなくては」と思い行動に移したのです。

【ワンポイント】
出産後は太ってしまう方は多いです。
2人目、3人目と増えると、よりその傾向が顕著になると言われています。
産後は体力を失いがちですが、無理のない範囲でダイエットをしましょう。

【スポンサードリンク】


整骨院でマッサージダイエット

まずは比較的腕のいい整骨院の院長に相談しました。
様々な日常生活での改善点を指導していただきました。
中々忙しい主婦には食事改善はコスト・時間面で難しい事もあり、心臓が弱かった私には運動は続きませんでした。

そこで院長に再度相談したところ、
「じゃあ腸揉んじゃう?」とか言われました
「マッサージスペシャルコースですか?」と私は返事しました。
「ちょう違いです。そっちの超じゃなくて内臓の方の腸ですよ。」と笑いながら訂正されたのです。
少し恥ずかしかったです。

聞けば内臓の働きが弱るとあらゆる栄養が正しく吸収されないようです
確かに生命維持に必要な3大栄養素(たんぱく質・脂質・糖質)の吸収は促されます。
でも、それ以外のビタミン・ミネラル類は吸収が悪くなるとの事です。

内臓の働きが弱っている状態で各種食事療法やビタミン剤等の摂取は効果が鈍くなります。
逆に体を追い込むのでまずは内蔵の働きを高める方が早くて手っ取り早いとの事です。

【ワンポイント】
腸の動きが悪いと栄養の吸収率が悪くなり、栄養バランスをとっていても効果がない場合があります。
本来はウォーキングや腹筋などで体を動かすことで腸を活発にします。
しかし、彼女のように運動ができない場合はマッサージは最適な選択だと思います。

【スポンサードリンク】


腸もみマッサージをされました

マッサージで行われたのは、腸もみでした。
まず仰向けになります。
ベルト類は外し、楽な体勢を作ります。
次にその人に合わせて適度な力でお腹から内臓に働きかけるようにマッサージしていきます。

すると普段心臓が悪くてさほど運動できない私。
その私が息が切れるほど運動しても全然汗をかかなかったのに、お腹をマッサージされてから徐々に汗をかきはじめたのです。

院長は「体は大事なところを守ろうとする。内臓と脳を。脳は骨があるから守られているけど、内臓は脂肪で守らなければならないから、最初にお腹周りに脂肪がつく。脂肪が落ちるときもお腹周りが最後に落ちる。守りたいから。同様に体が冷えてくると体の中心を守りたいから熱は中心に集まる。手足から熱を奪ってでも。どんだけ手足が冷えているからと温めても冷たいのは内臓が冷えているから。ならば内臓を温めてやるとどうだろうか?当然手足にまで熱が行き渡り、過剰分は外に出そうとして汗をかく。中々痩せない人は内臓から始めたほうがいいと常々思っているよ。」と説明してくれたのです。

「体を病気から守る免疫も内臓で作られるから、病気がちな人はお腹を温めたりヨーグルト等の発酵食品で内臓の働きを高めると健康になれると信じてる」と院長先生は続けます。

5分ほどのマッサージで汗だくになります。
この腸もみを1週間に2回を1ヶ月ほど続けたところ食事も変えず運動もしていないのに4キロほどい落ちたのです。

また、内臓の働きが良くなったからなのか出産後に崩れていたホルモンバランスも整ってきました。
不順気味だった生理が毎月決まった日に来て、しかも痛みも以前より緩和したのです。
毎日は通えませんでしたが、続けることで半年で20キロ以上痩せる事が出来ました。

院長は「これはあくまで体の理想に無理なく近づいた結果であり、数ある方法の一例にすぎないから色々試してみるのが一番だよ。特に内臓の働きが高まっても熱を作り出すのは筋肉なので筋肉が多いとより効果が高まりやすいよ。」とアドバイスをいただきました。

自宅でも出来るお腹のマッサージの方法を教えてもらいました。
さらに今の体重をより減らすか減らせなくても維持するためにも自宅で出来る運動をしたいと思います。

院長おすすめはスロージョギングです。
フォームさえしっかりして無理しなければ心臓に負担もかけずにウォーキングの2倍近いカロリーが消費できます。
同じ時間でも2倍近いカロリーを消費できるスロージョギングに挑戦してみたいです。
プロのアスリートも行っている方法です。
実際ほかの整骨院では心臓が弱い患者さんや血圧が高い患者さん、膝が悪い患者さんも楽に行えると評判の運動です。
以上の2つは無理なく初心者にも無理なく始める事が出来る事だと思います。

【ワンポイント】
スロージョギングとは普段自分の歩く歩幅の半分ぐらいの歩幅でリズムよく、ジョギングすることです。
テンポよく足の回転数があがるので、意外と運動です。
マッサージもスロージョギングも良いですが、さらにおすすめなのが「遺伝子ダイエット」です。

効率よくダイエットするには遺伝子ダイエットは必須です。
自分が何によって太るのか、やせるのか?
なんの運動に向いているのか? 向いていないのか?
遺伝子レベルで分かるので、本気でダイエットしたい人にはぜひやってもらいたいダイエットです。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】