399360

40代後半になると、代謝の低下をもろに感じます。
飲食の量も、生活スタイルも、特に変えていないにも関わらず、ウエストが大きくなっていくのです。
特に食後のウエストは顕著に表れます。
ボタンをはずしたくなるくらい大きくなってしまいます。
鏡を見るとぞっとします。
背中や腰回りの贅肉&脂肪がたっぷりついて、樽型に近づいている自分にがっかりです。
20代のころはバスケットで鍛えた筋力で、スリムだったはずなのに……。

職場の健康診断でダイエットを決意

職場の健康診断で、なんと中性脂肪が高値になった時は、
「さすがにこのままではいけないのだ」
ということを実感するに至りました。

会社の保健師さんから「どうやってやせましょうねぇ」とにっこりと言われました。
その時に自分が自覚以上に太っているということにショックを受けました。
「このままではまずい。」「病気になる。」「やせないと恥ずかしい。」という思いが強くなりました。
いざ、ダイエットを開始することにしました。

【ワンポイント】
健康診断の結果が悪くてダイエットを始める人は多いです。
単にダイエットを始めるよりも危機意識が高いので、ダイエットに成功する可能性があります。
でも、本当は健康診断で肥満が分かる前に、対策を練っていきましょう。

ライザップを経験しようと思ったけど……

手始めに、ライザップの体験に行ってみました。
そこでは、とにかく筋力を使い、エネルギーを消費させることでスリムで筋肉質なボディを手に入れるということでした。
しかし、お値段が高い!
庶民向きではないため、”筋力を使う”というヒントを参考に、独自で筋力活用のエネルギー消費を始めることにしました。

【ワンポイント】
ライザップは非常に効果的ですが値段は35万円ほどかかりますし、確かに庶民的ではありません。
お金に余裕がある人のみ、利用することを考えましょう。

【スポンサードリンク】


姿勢を正すことで脂肪燃焼を考える

今更ジョギングやストレッチなど、もろに汗をかく事なんてしたくありません。
また、残業の多い毎日、そんな新たな活動を取り入れるほど暇ではありません。
そこで、痩せている人のしぐさや行動を気にしてみるようにしてみました。

すると、太っている人と痩せている人の大きな違いに気づいたのです。
それは、姿勢です。
痩せている人は姿勢が良く、背中の筋肉を使っているように動くのです。
なるほど、と思った日から、自分も姿勢を正すようにしてみました。

しかし、デスクワーク、パソコン中毒の私は猫背になっていました。
背中を伸ばすことを意識しても、ものの数分でツラく、いつの間にかお腹の力が抜けて元に戻っているのでした。
ああ、こりゃむりかー、と思っていた矢先、姿勢の良い人のもう一つの特徴に気付いたのです。
それは、猫背にならないように、時折、腰に手を当てたり、後ろで手を組んだりしていたのです。
何かしら、姿勢を真っ直ぐに戻す作業をさりげなくしているのでした。
おお!これだ!と気付いて、さっそく取り入れてみました。

すると、腰が伸びるではありませんか。
姿勢が悪くなったことに気づいたら、手や腕を活用して、背筋を伸ばし直す。
そんな小さな地道な活動に取り組んでいくことにしました。

すると、どうでしょう。
徐々に、背筋を伸ばすことに慣れていきました。
姿勢が良くなると同時に、腹筋と背筋が活発になり、少しずつスリムになってきたのです。
姿勢が良くなったことで、肩こりも改善し、二の腕の余分な脂肪も少し取り除かれつつあるような状態になりました。

良い姿勢を保つということは、かなり筋肉を使う動作の継続です。
実は有酸素運動になっているような状態を作ることができるのです。
これは、立っているときも、座っているときも、自分の意識次第で可能なことなのです。

【ワンポイント】
姿勢が悪い人はそれだけで脂肪燃焼率が悪くなってしまいます。
姿勢を良くすれば、お腹周り、背中の肉が減りやすくなり、体重減少したという人も多いです。
もちろん、これは姿勢が悪い人に向いたダイエットで、姿勢が良い人には意味はないです。

【スポンサードリンク】


姿勢を正すだけで3か月でマイナス5キロ

こんな簡単なダイエット法は今までありませんでした。
楽にスリム化しつつある自分に満足している今日この頃です。
3ヶ月取り組んで、体重は-5キロを達成しました。

何より、ズボンのサイズが合わなくなり、ゆるゆるになってしまいました。
腹回りの脂肪が筋肉に置き換わってきたことにより、スッキリとしてきました。
でも、ちょっと油断すればリバウンドしそうなダイエット法です。

この先要注意ですが、体重が減り、腹回りがスッキリし、姿勢が良くなったという点で自分としては満足してます。
このダイエットは成功だったと感じております。

今後は、安定した筋肉を維持し、体形を保つようにします。
中性脂肪などが高値になったりしないように健康管理するには、食事のダイエットも必要なのだろうと感じています。
できるだけ、量や食事内容の制限がないダイエット法があれば、取り組んでいきたいと思っているところです。

【ワンポイント】
姿勢を正すダイエットは良い着眼点だったと思います。
特に猫背の人は背筋を伸ばすことで、腹筋・背筋を鍛えられることができます。
でも、この姿勢向上に組み合わせておすすめのダイエットがあります。

それは遺伝子ダイエットです。
遺伝子ダイエットとは自分の遺伝子を調べて、自分の「遺伝子にあったダイエット」ができます。
百聞は一見にしかずです。
効率よく、本気でダイエットに目指す男子女子の方、ぜひ、自分の遺伝子情報を調べてみてください。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】