c615fb814c8e883edd5f7cb2b19b14f0_s

黒豆は好きな人もいれば、苦手な人もいると思います。
私はあの甘い黒豆がなんだか贅沢で大好きです。
この黒豆、いろいろな成分が含まれています。
イソフラボン、サポニン、アントシアニンといったダイエットに適した成分が豊富に含まれています。

栄養価も高くダイエットだけではなく、食物繊維が豊富な黒豆は、便秘解消にも適しています。
便秘解消になり、腸が綺麗になれば、美容にも効果があります。
もちろん、健康にも良いので、ダイエット・美容・健康の三本柱がたっていますね。

韓国のチョン・ジュヨンさんが4か月かけてやったダイエットです。
しかも、その効果は絶大で105キロから54キロという51キロダイエットに成功しました。
テレビでは芸人の安田大サーカスのヒロさんは30日で20キロもの減量に成功しました。

黒豆ダイエットの方法とは?

黒豆ダイエットのやり方・食べ方とは?

乾燥黒豆を1日の摂取量は70グラムにしましょう。
食べる時は水の中に入れて、ふやかしてから蒸して食べるようにします。
黒豆は栄養価も高く、腹持ちも良いので、食事量を抑えることができます。
きちんと咀嚼して食べることで、満腹中枢をより刺激できます。

より効果を出すためには

黒豆70グラムを朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯、どれか1食の代わりに食べると良いです。
黒豆に置き換えて食べれば、カロリーも大幅に削減出来てダイエット効果が大幅に出ます。
通常の黒豆ダイエットでは、あまり短期間ではダイエットには成功しません。
黒豆置き換えダイエットにすれば、短期間でのダイエットも成功しやすくなります。

黒豆の食べるタイミングは?

いつ食べるのかいうと、食前がおすすめです。
食前に食べることによって、満腹中枢を刺激することで食事の量を減らします。
できれば、朝食、昼食、夕食の3食の前に食べることをおすすめします。
おやつ代わりに食べていると栄養価が高く、逆に太る可能性があるので注意が必要です。

黒豆に飽きてしまう

同じ食品ばかり食べると味に飽きた!ということが起きます。
メニューや献立やレシピはクックパッドの黒豆で調べるとたくさんでてきます。
私は料理が苦手ですが、それでも簡単にできるメニューがたくさんでてきます。
黒豆に飽き始めてきたら、ぜひクックパッドをご利用ください。
いろんな味付けがあっておすすめですよ。

【スポンサードリンク】


黒豆のゆで方(蒸し方)の作り方

1.黒豆をまず水で洗います。
2.水をいれた鍋に洗った黒豆を入れます。
3.鍋の中に5時間以上つけおきします。
4・この時、黒豆と水との割合は1:2です。
5.そのまま黒豆を中火にかけ、沸騰する直前で弱火にし、20分程度茹でる
6.ゆであがったら、10分程度蒸らす。

もっと簡単なゆで方(蒸し方)の作り方

1.大豆100グラムをお湯500ミリリットルと保温水筒を用意する。
2.洗った大豆を水筒に入れ、お湯を保温水筒に入れる。
3.そのまま6時間放置で出来上がりです。

黒豆ダイエットのメリット

脂肪の生成を抑える効果

黒豆に含まれるイソフラボンとサポニンが脂肪の生成を抑えてくれます。
また血液をさらさらにして悪玉コレステロールを減少してくれます。

脂肪の吸収を抑えて、排出する

黒豆に含まれるアントシアニンは脂肪の吸収を抑えて、排出させます。
イソフラボン、サポニン、アントシアニンと併せて、脂肪をつけにくくしてくれます。

シミ、シワを改善する効果

黒豆に含まれているイソフラボンが豊富です。
イソフラボンは腸の動きを活発にします。
腸の老廃物を排出させる効果もあり、むくみ解消・便秘解消にもなります。
強い抗酸化作用があり、シミやシワを改善する効果があります。

薄毛、ハゲにも効果があります

イソフラボンには女性ホルモンに似た働きをするので、男性ホルモンを抑制します。
その結果、薄毛、ハゲにも効果があります。
また女性ホルモンバランスが崩れがちな更年期の女性にもおすすめです、

黒豆ダイエットのデメリット

1週間2週間で痩せる即効性はない

黒豆自体にカロリーがありますし、食事量を減らしてもあまりダイエット効果がありません。
栄養は確かにとれるのですが、ダイエットとしては長期的に見る必要性があります。
前述したとおり、黒前をご飯に置き換えれば、効果はでてきます。

食べ過ぎるとお腹が緩くなります

食べ過ぎると下痢になってしまう可能性があります。
黒豆は70グラムに抑えるようにしましょう。
もちろん、人によって体格差、吸収率が違うのでたしょうグラム数は前後しても良いです。
自分の体調を見ながら、考えるようにしましょう。
またガスがたまりやすくなり、おならが出やすくなるので気を付けましょう。

【スポンサードリンク】


口コミ評価

良い口コミ評価

3か月で10キロ痩せました。しかも、肌も綺麗になりました。
ダイエット効果はありませんが、2週間で便秘解消になりました。
運動も取り入れてですが、3か月で13キロ痩せることに成功しました。
一ヶ月たって、ダイエット効果はありませんが、肌がすべすべになりました。男です。
ニキビにも効果有、肌荒れが治りました。
10日で2キロやせました。このまま続けたいと思います。
お通じが良くなり、便秘解消。半年で5キロやせました。

悪い口コミ評価

二ヶ月続けていますが、一向にやせません。
お通じがよくなりすぎて、下痢になってしまいました。
きく人ときかない人がいるのか、私には効果はありませんでした。

運動することでさらに効果アップ!

適度な運動をして、汗を流してダイエットすることは大切なことです。
ジョギング、ウォーキング、サイクリング、スイミング。
有酸素運動がとてもダイエットにはおすすめです。

筋トレをすれば基礎代謝が上がり、リバウンドしにくくなります。
腕立て伏せ、腹筋、ダンベルカール、背筋などいろいろあります。
その中でもおすすめなのが、スクワットダイエットです。
スクワットは筋肉の中でも筋肉量の多い、脚部を鍛えるものです。
消費カロリーも、基礎代謝もあがりやすいので、スクワットはおすすめです。

さらにさらにダイエット効果を高めるなら。

遺伝子ダイエットがおすすめです。
自分の遺伝子を知れば、効率の良いダイエットをすることができます。
本気でダイエットをするなら、まずは自分の遺伝子を調べるところから始めてはどうでしょう?
自分の遺伝子情報は一生の財産になります。
きっと後悔はしないでしょう。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】