090957

ダイエットを始めた理由、それは女の子になりたかったからです。
とても単純な理由ですが、大学に行くまで私はオシャレには興味がなかったのです。
高校では某チキンショップでアルバイトをして、夜9時以降に残り物のフライドチキンを食べていました。
夕方には夜ご飯の前のおやつに菓子パンなど、高カロリー摂取…太るのは当然です。

転機になったのは大学時代。
女子大でした。
周りはキラキラしたファッション。
ほっそりした脚に華奢な腕。
キュッとしまったウエストに、フワリとした女の子らしい服装ばかり。
羨ましくなりました。

デブな自分はフワフワ系なんて致命傷なスタイル。
足を出す短いボトムスなんて以ての外。
私も女の子として見られたい。
可愛くなりたい。
みんなと同じように可愛い格好がしたい、と強く思うようになったのです。
私服になることで、今まで制服で守られていたんだ…と実感しました。

【ワンポイント】
周りの環境によってダイエットを始めるパターンがあります。
無自覚なままだとデブな自分の羞恥心に鈍感になってしまいます。
彼女の場合は女子大に入ることで、自分の現状に気づき「美」に目覚めたようです。

【スポンサードリンク】


実践したダイエットは野菜中心とゆるい断食

私が実践したダイエット方法は2つあります。
どちらも成功しました。

①野菜の摂取

高校まで野菜が嫌いでした。特に生野菜。
大学生活では女子ばかりだからか、みんなサラダを必ず買うんです。
強いものに流される私は、周りに合わせてサラダを買うようになりました。
それがきっかけになり、昼・夕食で必ずサラダから食べるようになりました。
ドレッシングは少な目、マヨネーズは無しです。
野菜で食欲の勢いを食い止めていたのです。
茹で野菜はオススメです。もやし・キャベツ・キノコ・ブロッコリー等をよく食べました。

②ゆる断食

ゆる断食ダイエットを実施しました。ルールは以下の2項目。
・週に2回の1日の総カロリーを500キロカロリーに抑える。
・カロリー制限の日は2日連続してはいけない。

カロリー表示のあるものを食べ、だいたい500キロカロリーに抑えていました。

例えばダイエット用のリゾット、蒟蒻ラーメン、大塚食品から出ているマイカロリーシリーズ等。
もし量が足りない場合は野菜やキノコを足して食べていました。
その2日以外は好きなもの食べていましたが、念のためドカ食いはしていません。
ゆる断食は私の体質に合ったのか、どんどん体重は落ちていきました。
親から痩せるのが目に見えて分かる為、ストップがかけられたくらいです。

細かいマイルールはいくつかあります。
また自分の中でバイトの時や飲み会以外は夜の20時以降、何も食べないようにしていました。
寝る2時間〜3時間前の食事は致命的なので…
他にもお風呂上がりの10分は軽いストレッチもしていました。

【ワンポイント】
断食はデトックスもでき、カロリー削減もできダイエットにはおすすめです。
また野菜中心にしたおかげで食物繊維なども摂れ、肌にも良いダイエットです。
断食は成功失敗が出やすいダイエットの1つですが、彼女は成功して良かったです。
ゆる断食は誰にでもできそうで、安全性も高いので、いろんな人におすすめできそうです。

【スポンサードリンク】


失敗したダイエット

失敗したダイエットはあります。

ダイエットサプリメント

これさえ飲めば痩せられる、そんな甘いことはありません。
その甘い誘惑に乗って、ついつい食べ過ぎました。

ダイエット運動

これさえしたら痩せられる、そんな運動1つで痩せません。
甘い言葉のダイエットほど上手くいかなかったです。
自分に対してどうしても甘くなり、ついつい食べてしまうのです。

これからダイエットする人へ向けて

私のように食べるの大好き。間食当たり前タイプは、カロリーを抑えるのが1番でした。
間食も無理をせず我慢しない代わりに、量を減らす。
もしくは蒟蒻ゼリーやスルメをおやつにする。

お昼は間食を防ぐ為にもしっかり食べて、夜ご飯は野菜でカサ増ししてカロリーを抑えるのが手っ取り早いように思いました。
またお腹が空いたら水分で誤魔化すのも1つの手だと思います。
ただ、上記にも書いた通り我慢し過ぎるとストレスが溜まるので、1か月に2〜3回は自分にご褒美をあげて下さい。

現在は167センチ、57キロ前後あります。
以前は73キロほどありました。
子育て中のためなかなか時間がありません。
もしダイエットを再開するなら美容マッサージや脂肪を溶かす機械を使って、確実に痩せるダイエットを実践してみたいと思います。

【ワンポイント】
おやつ・間食を防ぐために昼食をしっかり食べるのは良い事です。
昼にしっかり食べることで栄養を得ることができ、その分夜ごはんを抑えても問題はありません。
彼女のいうとおり巷のダイエットサプリメントだけでは容易にやせることはできません。
どの程度、効果があるかは私にも分かりかねますが、あくまで補助食品であることを認識するべきだと思います。

しかし、彼女にもおすすめな簡単なダイエット方法があります。
それは遺伝子ダイエットです。
自分の遺伝子を知ることで、自分が何を食べたら太るのか、痩せるのかが分かるようになります。
自分のライフスタイルを効果的にするためにも、遺伝子を調べることは非常に大切なことです。
あなたの遺伝子、知りたくありませんか?

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】