378852

ダイエットの天敵といえば、リバウンドですよね。
せっかく6キロ痩せたのに、そのあと10キロ太ってした経験ってありませんか?
世の中には数多くのダイエッターが存在しますが、リバウンドを経験した人もかなりの数いると考えられます。
特にダイエットに成功したと思ったら、体重がぶり返した。心折れますよね。

では、どのようにすればリバウンドをせずにすむのでしょうか?
一番簡単に思いつくのは運動をして、基礎代謝をあげることです。
筋肉をつけて、基礎代謝をあげれば、贅肉・脂肪がつきにくくなります。

ちなみにおすすめの筋肉トレーニングは「スクワットトレーニング」です。
スクワットは使う筋肉が大きい為、消費カロリーも大きく、筋肉量も増えやすいからです。
筋肉量が上がれば基礎代謝も上がるので、太りにくくなります。

でも、この方法は食事制限ダイエットのリバウンド阻止はできません。
スポーツをしない人にとってのリバウンドは鬼門のままです。
しかし、食事制限のダイエットだけでも、リバウンドを阻止することができます。

その秘訣は体重の5%です。

【スポンサードリンク】


一ヶ月の体重減少量を5%以内に抑える

脳みそは一ヶ月の体重減少量が5%以上を超えると、倹約モードになります。
飢餓状態になり、脂肪が減りにくく、脂肪が燃焼されにくくなるのです。
つまり、倹約モードになると太りやすく、リバウンドしやすくなるのです。

例えば、食事制限をして6キロ痩せて、通常の食事に戻した時。
本当は6キロだけ戻るところを、10キロ戻ったりしませんでしたか?
これは脳が倹約モードになっており、脂肪が燃えづらい為に太りやすい体質になっているのです。
食料が少なった時代に、飢餓を乗り越えるために脂肪を減らさずに、蓄えるようになった人間の生きるためのさがともいえる性質です。

つまり、リバウンドをしない為には一ヶ月の体重減少量を5%以内に抑えることです。
そうすることで、リバウンドせずに順調に痩せていくことができます。
またダイエットには停滞期というものが訪れます。

停滞期とは今までは痩せていったのに、途中で痩せづらくなる・やせなくなることです。
ダイエットをしているとそんなことがあります。
みなさんも経験ありませんか?
ダイエット停滞期。
これもまたダイエットの鬼門の一つです。

1.ダイエットをして体重が減る
2.ダイエット停滞期がやってきて、ダイエットの気力が減る。
3.ダイエットの気力が減るので、思わず食べてしまう。
4.太りやすい倹約モードになっているので、リバウンドしてしまう。
5.元の体重よりも増えてしまう。

せっかく、ダイエットを頑張ったのに、こんな結果になることになります。
ダイエットを志す人にはとても非常な結果です。
でも、リバウンドをしない為には一ヶ月の体重減少量を5%以内に抑えればいいのです。
何度も言いすぎでしょうか(笑)

ちなみに、それぞれの体重の5%がどんなものか羅列します。
自分の体重の5%を計算しながら、一ヶ月のダイエット計画を立てましょう。

45キロの方は2.25キロ
50キロの方は2.5キロ
55キロの方は2.75キロ
60キロの方は3キロ
65キロの方は3.25キロ
70キロの方は3.5キロ
75キロの方は3.75キロ
80キロの方は4キロ
85キロの方は4.25キロ
90キロの方は4.5キロ
95キロの方は4.75キロ
100キロ の方は5キロ

計算すれば手っ取り早いですが、早見表ということで、どうぞ。

一ヶ月体重減少量5%以内に抑えるには1週間ごとで体重減少を管理しなくてはいけません。
60キロの人であれば、1週間で0.5~1キロ痩せるようにゆるやかに痩せる必要があります。
リバウンドしない為とはいえ、大変ですよね。
ここまで徹底してダイエットするのもストレスがかかって、純粋にダイエットできません。
そこでもう一つ、脳のリバウンドスイッチをONにせず、倹約モードにならない方法があります。

ポイントは脳を錯覚させる満腹感です。

【スポンサードリンク】


満腹中枢を刺激し、脳を勘違いさせる

脳みそがリバウンドスイッチを入れて、倹約モードに入る理由。
それは脳みそが「食べる量が少ない」と危機感を覚える為です。
逆にいえば、脳みそが「お腹いっぱい」と考えれば、リバウンドスイッチが入りません。

脳みそが「お腹いっぱい」と思わせるにはどんな方法があるでしょうか?
ハミガキをして一時的に食事を終えた感じを出すのでしょうか?
もちろん、違います。
答えは咀嚼です。

食べ物を良く噛むことで、脳は勘違いして、満腹中枢が刺激されます。
食事の前にガムを噛む、スルメを噛む、キャベツをたくさん噛むなどがあります。
噛めればなんでもいいですが、カロリーが高いものは太るのでおすすめできません。

食事の15分前に咀嚼をすることで、食事の時に満腹感が得られ、食事の量を減らすという効果も期待できます。
ただ15分前に咀嚼をするだけではなく、実際に食事をしている時も咀嚼回数を増やすことが大切です。
特に前菜のサラダなどをよく噛んで食べれば効果がでやすいです。
そうすることで食べる量を減らしながら、満腹中枢を刺激し、脳みそを「お腹いっぱい」と満足させることができます。
そうすることでリバウンドスイッチが入らなくなり、リバウンドしなくなります。

リバウンドをしない為のまとめ

一ヶ月の体重減少量は5%以内に抑える。
食事の15分前にはガムを噛み、食事も咀嚼して食べて、満腹感を感じる。

この場合、実際にいっぱい食べると意味がないので、咀嚼で満腹感を得るようにしましょう。

リバウンドしない方法を知った所で、今度は効率の良いダイエットを知りましょう。

それは遺伝子ダイエットです。

自分の遺伝子を知ることができれば、ダイエットを効率よくできます。
何を食べれば太るのか、何を食べれば太りにくいのかを知ることができます。
ダイエットをしっかりする為には、リバウンドしないこと、遺伝子を知ることです。
自分の遺伝子は下記リンクから知ることができます。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】