b81b87cb8795f2f234df959fe3d0d084_s

8時間ダイエットとは食べることができる時間を8時間のみにするダイエットです。
逆にいえば、16時間食べない時間を作るダイエットともいえます。
16時間という長い時間、消化器官、肝臓などの内臓を休めることもできます。
つまり、内臓疲労を取り除くことのできるダイエットでもあります。

8時間だけカロリーを摂り、16時間空腹ですので脂肪が燃えやすいです。
世界の有名人にも人気で、日本の芸能人でも実践されている方が多いです。
「ラッスンゴレライ」で一時話題になった8.6秒バス―カーのはまやねんも実施しているようです。

8時間ダイエットの方法とは?

8時間ダイエットのやり方とは?

1日8時間以内に食事を終えるダイエットです。
水やお茶などのカロリーがない飲み物は24時間飲んでも良いです。
8時間以内に食事を摂るので、だいたいの場合、一日2食になると思います。
8時間以内にとればダイエットになるとはいえ、カロリーの過剰摂取はもちろん禁止です。
過剰なカロリーオーバーになれば、もちろん痩せません。

栄養バランスはしっかりととりましょう

8時間以内の食事となると、偏食になってしまう人も多いです。
でも、それだと8時間ダイエットの意味があまりありません。
ご飯、肉、魚、野菜と栄養バランスはしっかりととるようにしましょう。
これはあらゆるダイエットの鉄則です。
栄養バランスを崩しては、肌がボロボロになるような減量になったりします。
綺麗に痩せるためにも、栄養は大切です。

食べ方にも意識を!

8時間ダイエットは空腹との戦いです。
1食で十分な満腹感を感じれば、その戦いも楽になります。
でも、満腹まで食べてしまうと、ダイエット効果も下がってしまいます。
そこで重要なのが咀嚼回数です。
人間は噛めば噛むほど、満腹中枢が刺激され、満腹感を感じやすくなります。
他のダイエットの食事制限もそうですが、咀嚼数はダイエットのカギです。
常に満腹中枢を刺激することはリバウンド阻止にもなります。
詳しくては「リバウンドスイッチ」をご覧ください。

8時間ダイエットの頻度とは?

8時間ダイエットは毎日続けましょう。
初めのうちは16時間食べないことで空腹感がうまれることもあると思います。
でも、空腹は意外に慣れやすいので、そこまで辛いダイエットではありません。
特に空腹感を感じると長寿遺伝子「サーチュイン遺伝子」を刺激して、アンチエイジングにつながります。
サーチュイン遺伝子は飢餓状態になると刺激されるので、この8時間ダイエットでは刺激されやすいです。

8時間ダイエットの時間帯とは?

自分の食生活にあわせて、時間帯を決める必要があります。
朝ごはんをしっかり食べたいという人は、7時~15時まで朝食と昼食をしっかり食べましょう。
朝ごはんはいらないという人は、12時~20時まで昼食と夕食をしっかり食べましょう。

おすすめとしては朝抜きのスタイルですが、好みで時間帯を決めましょう。
ただし、8時間ダイエットは20時までに終わらせることが良いとされています。
くわえて、大切なのは毎日同じ時間に食事を摂るということです。
そうすることで体のリズムができ、体調を崩しにくくなります。

おやつやお菓子やデザートを食べてもいいのか?

8時間以内であれば、おやつなどの間食も良いと思います。
ただ食べ過ぎは禁止ですし、食べない方がダイエット効果は出てきます。
でも、あれもこれも禁止していてはダイエットがストレスになって続きません。
自分にご褒美をあげる感じで、少し自分にお菓子やデザートをあげましょう。
甘いものがどうしても我慢できない時って、私もあります。

飴やガムはどうなのか?

飴はカロリーがあるので、ダメです。
ガムはシュガーレスでもダメとする人もいます。
でも、私はシュガーレスガムであればOKだと思います。
16時間の空腹期間をガムによって紛らわすのも、良い手法だと思います。
またガム噛むのも止めるという場合は、エアー噛みでも満腹中枢を刺激できます。

アルコールは8時間以内なら良いのか?

アルコールはどれだけダイエットの効果を出したいかによります。
アルコールは脂肪燃焼を阻害するので、ダイエットをするなら我慢していただきたいところです。
でも、お菓子やデザートと同じく自分のご褒美としてはたまには良いと思います。
何でも許してしまうとダイエット効果が落ちますが、継続こそがダイエットでは大切です。
ダイエットのバランス感覚を持つようにするのが大事です。

8時間ダイエットがむずかしい人

学校や職場などの付き合いなどで8時間ダイエットがむずかしい人もいると思います。
その場合は週に2,3回だけ8時間ダイエットをするなど工夫をすればいいと思います。
自分にあった8時間ダイエットをするようにしましょう。

【スポンサードリンク】


8時間ダイエットのメリットとは?

疲労回復効果があります

16時間消化器官を休めますので、内臓疲労が回復します。
私たちのだるさ(倦怠感)や疲労感は内臓疲労が原因のこともあります。
もしも、内臓疲労が原因であれば、だるさ(倦怠感)や疲労感が回復する可能性があります。

下痢や便秘が回復する

内臓疲労が回復すると、小腸、大腸の機能も回復していきます。
腸の疲労によって、下痢や便秘を起こしている人は8時間ダイエットで下痢や便秘が改善する可能性があります。
下痢や便秘の原因がなかなか分からない人は8時間ダイエットを試してみると良いです。
断食も同じような効果がありますので、プチ断食をするのも良いかもしれないですね。

うつ症状が回復する

内臓疲労がたまっていると体がだるくなります。
体がだるくなると、心もだるくなってきます。
そうなってくると、心が病んで、うつ症状がでてくる可能性があります。
ひょっとしたらうつ病になるかもしれません。

睡眠の質をあげます

また内臓疲労がたまっていると、睡眠も熟睡ができなくなったりします。
睡眠の質をあげるためにも、内臓疲労を回復することは良いです。
寝る直前にご飯を食べたり、消化の悪いお肉などを食べると悪夢を見たりするのは睡眠時に内臓が働いてしまっているからです。
内臓を休めてあげることは、悪夢をみがちな人にもおすすめなことかもしれませんね。

免疫力があがり、風邪を引きにくくなります

内臓疲労がたまり、エネルギーが不足すると、免疫力が下がります。
免疫力が下がると風邪を引いたり、お腹を下しやすくなったりします。
内臓疲労の回復はとても大切なことなんですね。

腰痛が改善する可能性があります

腰を痛めたり、ぎっくり腰になった場合は無関係です。
でも、腸が疲労して硬くなり、腰を圧迫して腰痛になるケースもあります。
この場合は、8時間ダイエットで改善する可能性があります。

【スポンサードリンク】


8時間ダイエットのデメリットとは?

空腹に耐えるのが辛い人は向いていない

16時間の空腹に耐えることになります。
すると、お腹が空きすぎて逆に眠れない人もいると思います。
あるいは空腹でいらいらして、学業や仕事に集中できない人もいるかもしれません。
そういった人には向いていないので、8時間ダイエットはやめましょう。

緑茶、ルイボスティー、白湯と相性が良い

16時間食べないので、お腹が空きやすくなるので飲み物が重要です。
そこでおすすめなのが、緑茶、ルイボスティー、白湯です。
この3つはダイエットにもおすすめの飲み物なので、8時間ダイエットと組み合わせると良いです。
緑茶ダイエットはカテキン効果で脂肪が燃焼されます。
ルイボスティーダイエットは万能のお茶とも呼ばれ、美肌効果、ダイエット効果があります。
白湯ダイエットは体を温めて、冷え性を改善し、基礎代謝をあげながら、ダイエットをします。
この3つの飲み物はダイエットで非常におすすめですので、8時間ダイエットとどうぞ。

8時間ダイエットの口コミ評判

良い口コミ情報

続けやすく他のダイエットより楽でした、一ヶ月で3キロ痩せました。
8時間ダイエットのおかげか疲れにくい体になりました、2週間で3キロもやせました。
空腹がつらかったです。痩せはしませんでしたが、下痢が解消したので続けます。
半年続けて、10キロも痩せました。お腹もすきにくくなり、とても良いダイエットだなと感じました。
2週間で2キロも痩せた。これからも続けていきたいと思います。

悪い口コミ情報

一ヶ月続けましたが、ぜんぜん痩せませんでした。
お腹が空いて、眠れませんでした。
空腹の所為で一食の量が増えて、逆に太りました。8時間ダイエットは嘘だと思う。

以上のような口コミがネットでありました。
空腹に対する耐性があるかどうかで効果が変わってきそうなダイエットですね。
あともともと2食の人は自然と8時間ダイエットになっていて、効果がでにくいかもしれません。
短期間で痩せる人もいれば、期間がかかる人もいます。
これは別のダイエットと併用したり、体質が8時間ダイエットにあっていたりなど相性の問題もあると考えられます。

有酸素運動と筋トレをしてさらにダイエット効果アップ!

有酸素運動を20分以上すると、脂肪燃焼効果が増します。
ウォーキング、サイクリング、ジョギング、スイミングなどするようにしましょう。
そうすることで、さらにダイエット効果が期待できるようになります。

また筋肉を鍛えれば、基礎代謝が増え、体のカロリー消費を増加させることができます。
腕立て伏せ、腹筋、背筋、ダンベルなどいろいろとありますが、おすすめはスクワットダイエットです。
もちろん、全部やるのが一番いいんですが、この中で一番効率が良いのがスクワットなのです。
スクワットは筋肉量の多い太ももの筋肉を使う為、筋肉が発達しやすく、ダイエット効果がでやすいです。

でも、筋トレよりももっとダイエット効果をあげる方法があります。
それはあなたの遺伝子を調べることです。
遺伝子を調べれば、あなたに適したダイエットが遺伝子レベルで分かるようになります。
そうすれば、何を食べればいいか、何をすればいいかが分かるようになります。

あなたの遺伝子、調べてみませんか?

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】