7fb2f3cf472639cb7e32a737de041e5d_s

ファッション雑誌を見て色々な洋服を着てみたいと思うと同時に脳裏をかすめるもの。
それはダイエットして体型を整えないとオシャレな洋服は着れないという現実的な事です。
オシャレな洋服は袖や襟をはじめ、様々な場所にデザインが施されていてサイズが限られています。

正しい知識がないとダイエットを成功させることは正直難しいです。
適当にやって理想的な体にすることはほぼ不可能です。
だからと言って最初に成功例を出しても大抵の場合、すぐに理解をして取り組めるほど生易しい物ではないです。
逆に諦めてしまうケースが多々あると思います。
その為、失敗例を出した方が成功する範囲が鮮明になると思うので、私のダイエット失敗談を教えます。

【スポンサードリンク】


過酷なランニングダイエット

私が過去に取り組んだダイエットは”ランニングダイエット”です。
至って普通なのですが、これは良い失敗例になると思います。

私は毎日仕事が終わってから1時間ほど走るようにしました。
休日も1時間走ります。
食事制限は無しのランニングメニューのみです。

走ると痩せるというのはダイエットをしたことのない人でも定番メニューとして知識がある物です。
そこでずっとこのメニューをこなしていきました。
雨の日はカッパを着て走りましたし、冬は北海道なので雪が降っても防寒着を着て”スノートレイ”を履いて走りました。
365日、毎日です。

そこでドンドン日を重ねるにつれてこのダイエット方法は失敗だったのかもしれないと気が付くエピソードがありました。
ある日会社のロッカーでユニフォームに着替えていた時、後輩からこう言われました。
「先輩、下半身は凄い筋肉質ですが上半身は痩せていますね」

最初は自分の体の全体のバランスを把握している訳でもないので、ただ言われたことの意味を知ろうとはせず聞き流していました。
痩せているから別にいいや、という感覚です。

次は疲労困憊していて整体へ行った時に、整体師に言われた台詞もこんな感じでした。
「お客さんは下半身の筋肉はありますが、上半身はあまり付いてないですね」

こういった言葉を他人から言われることが重なり、自分なりにランニングダイエットについて考えるようになりました。
ただやみくもに痩せる為に動くだけでは、痩せる事は出来てもバランスよく痩せる事は出来ないという事を知るのです。
それにBMI数値や体重の平均値を知っていても、それだけでは理想的なボディバランスを作り上げられないのです。

例えば、理想とする芸能人の身長と体重を知って、自分に当てはめて数字を合わせたとしても全然違う体型になるのです。
それはどういうトレーニング方法で体のどの部位に筋力があるのか?
体脂肪率はどのくらいなのか? という詳細のデータがないと全く理想へ近づけていなかったりすることなのです。
もっと突き詰めると筋肉にも種類があり、単純に体の大きさと体重は一致しないのです。

【ワンポイントアドバイス】
ランニングダイエットは悪い訳ではないとは思います。
彼の場合、脂肪も燃焼したとは思いますが、下半身の筋肉を鍛えすぎてしまったようですね。
特に鍛え方が毎日1時間(雨の日も雪の日も)というかなりに鍛えぶりです。
ここまでやってしまうと確かに上半身と下半身とのバランスが崩れる可能性は高いでしょう。
あと、体型を意識する上では体重計も大切ですが、毎日全体が見れる鏡を見るというのも良い方法です。
それにしても雨の日も雪の日もとは恐れ入ります……。

【スポンサードリンク】


ランニングダイエットの反省

私が理想としていた体は筋肉があり、引き締まった細マッチョスタイル、言わばボクサーのような体でした。
ですがランニングダイエットで得られた肉体は結果的にマラソンランナーのような痩せた体でした。
痩せているというのはボクサーもランナーも同じですが、体全体に筋肉が付いて引き締まっているか否かという差は全く別物です。
目指していた物とはかけ離れていました。

ダイエットをして痩せた時は、痩せた事が嬉しくて客観的に体全体を見てどうこう考える事はしません。
下半身だけ肥大した体をしっかりと認識せずに、理想の体重になったのでダイエットが成功したという思いだけが心を支配します。
しかし、よくよく冷静になってみると、周囲からの声やダイエット方法を改めて考えると失敗だったという事に気が付きます。

でも1つ言える事は、やり方は分からないけど1歩踏み出して失敗して、より理解したことです。
失敗をしなければ理想にする方法を知りえない事を学びました。

【ワンポイント】
ダイエットをすることではじめて分かる失敗があります。
今回は痩せることにとらわれて、自分の理想像とかけ離れてしまったことですね。
でも、実際やってみないと分からないことです。
ダイエットをする人で「まず調べてから、明日からやろう」という人が多くいます。
もちろん、効率的にやるにはそれも素晴らしいことですが、「明日」がずっとやってこない人がいます。
調べたら、「きちんと実践すること」が大事です。
その中で自分の理想のダイエットと、現実とのズレを修正していけばいいと思います。

でも、効率よくダイエットするのって難しいですよね。
いろんな情報を調べても、ダイエットは情報がありすぎて、情報過多になりがちです。
でも、その中でもまず調べていただきたいのは自分の遺伝子です。

自分の遺伝子が分かれば、効率的なダイエットも分かるからです。

ダイエットを効率よくするなら、まず調べてみましょう。
そこから自分に合うダイエットをすればいいのです。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】