378852

肥満になると、見た目が気になりますよね。
中年太りで下っ腹が出たりすると、見た目よりも老けて見えます。
まただらしがなく見え、自己管理ができない人だと思われます。
実際に肥満の原因は食事管理ができていなかったり、
運動不足だったりとその人に原因がある場合が多いです。

スリム体型だと若々しくエネルギッシュに見えます。
おしゃれな洋服もスマートにかっこよく着られたり、綺麗な服を美しく着られたりします。
特に女性は肥満だなんて、デブだなんて、嫌ですよね。
女性は男性以上に肥満を気にする人が多いのです。
太っていると、女性友達からどんな目で見られているか、想像にかたくないでしょう。

でも、肥満の恐ろしさは見た目の美容だけではありません。
「見た目が少し悪くなるくらいなら良いかー」とダイエットをしない人がいます。
しかし、肥満はさまざまな病気のリスクをはらんでいます。
容姿が悪くなるくらいはどうでもいい、と安易な考えのあなた。
気を付けないと、病気は足元まで…。
いや、その「ふくれたお腹」にまで来ているかもしれませんよ。

【スポンサードリンク】


どんな人のことを肥満と呼ぶのか?

よく耳にされると思いますが、「BMI指数」というものがあります。
BMI指数の計算は[体重kg]÷[身長m]÷[身長m]で算出されます。
BMIの指数が18.5未満なら「やせ型」
18.5以上25未満なら「標準型」
25以上なら「肥満型」です。

私は58kgで1.6mなので、[58]÷[1.6]÷[1.6]=22.7 です。
つまり、私は標準型ということですが、あなたはどうでしたか?

中性脂肪、内臓脂肪、皮下脂肪などBMI数値に出ないものもあります。
健康診断などの血液検査などでより詳しく把握するようにしましょう。
ちなみに私は標準型ですが、血液検査で中性脂肪が少し高めに出ています。
BMI指数はあくまで目安なので、油断しないようにしましょう。

肥満で無呼吸症候群リスクが高まる

肥満になると、のどの脂肪が増え、睡眠時に呼吸器官を圧迫します。
そうなると、睡眠時に呼吸が何度も止まる「無呼吸症候群」になりやすくなります。
無呼吸症候群になると、十分な睡眠効果が得られなくなります。
そうすると、とうぜん疲れはとれませんし、頭も冴えづらく、集中力を欠くようになります。

肥満で糖尿病リスクが高まる

肥満度が高くなるほど、糖尿病になる確率が高くなると言われています。
私たちのエネルギー源はブドウ糖です。
このブドウ糖が血の中をめぐり、血糖となって私たちの生命を維持します。
この血糖は食事や運動などによって、その量は変動します。

しかし、インスリンというホルモンにより、血糖は一定の幅にコントロールされます。
でも、肥満になるとインスリンの動きが悪くなってしまいます。
そうなると、血糖値が一定の幅を超え、高血糖になります。これが糖尿病です。

初期症状としては、
・異常に口が乾く
・尿がたくさん出る(多尿・頻尿)
・疲れやすく、気だるい(倦怠感)
・気分が落ち込むようになる
・体がむくむ
・性欲減退
・手足の先が冷える(冷え性)
・傷がなおりにくくなった
・立ちくらみをしやすくなった
・便秘や下痢が続くようになった

など、いろんな症状がでてきます。
こういった症状ではじめたら、糖尿病に注意しましょう。

糖尿病はひどくなって、合併症を起こすととんでもない症状を起こします。
糖尿病性網膜症…ものが見えにくくなります。あるいは失明するかもしれません。
糖尿病性神経障害…足の神経麻痺、最悪の場合、足が壊死し、切断する可能性も。
糖尿病性腎症…慢性的な腎不全になると、人工透析の人生になります。

糖尿病になってからでは、食事制限などがきつくなってきます。
はやめはやめに糖尿病を改善するには、一番はダイエットをすることです。
肥満解消こそが糖尿病の一番の治療法です。

【スポンサードリンク】


肥満で高血圧リスクが高まる

肥満の人全てが高血圧になる訳ではありません。
しかし、肥満ではない人の2,3倍は高血圧になる確率があがります。
実際にダイエットで痩せた人は高血圧が改善されることも多いようです。
自覚症状はあまりなく、頭痛や頭が重い、めまい、耳鳴りが起こることがあります。

高血圧になると糖代謝が悪くなる為、糖尿病との合併症を起こしやすくなります。
また高血圧になると、心筋梗塞などの心臓病の危険が3倍になると言われています。
ある日、突然!という恐怖から逃れるためにも、肥満解消するようにしましょう。

肥満で脂質異常症リスクが高まる

脂質異常症の原因の大半は肥満だといわれています。
脂質異常症は高血圧と同じく、心筋梗塞などの心臓病の危険をあげます。
高血圧は3倍でしたが、脂質異常症の場合は4倍です。

肥満で心筋梗塞・脳梗塞リスクが高まる

今まで述べた通り、高血圧、脂質異常症など肥満は心筋梗塞のリスクをあげます。
これは内臓脂肪が増加すると、血液が固まりやすくなり、動脈硬化リスクがあがるからです。
動脈硬化が脳みそで起これば、もちろん脳梗塞のリスクも上がります。
肥満であることは、心筋梗塞・脳梗塞両方の動脈硬化の確率をあげることになります。

肥満を解消することは急務!

肥満の人はダイエットをしなければ、命の危機です。
肥満は放置していても良いことはありません。
早急なダイエットが必要になります。

でも、急にダイエットと言われても、なかなか難しいところもあります。
今、肥満で悩んでいる人の多くの人はおそらくダイエットを試みたことがあるのではないでしょうか?
そして今肥満ということは、それが成功していないということでしょう。
でも、ダイエットの重要性は知っており、できれば痩せたいと思っているのではないでしょうか?

そんなあなたにおすすめなのが、遺伝子ダイエットです。
遺伝子を知ることができれば、あなたが何を食べると太るのか?
何を食べれば太らないのか?
あなたの体質が分かるようになります。

効率的にダイエットをするなら、遺伝子情報を知ることはとても重要なことです。

⇒遺伝子博士で自分の遺伝子情報を調べる

【スポンサードリンク】