399360

現在46歳主婦です。
子供の頃からポッチャリさんに育ちました。
身長158cm体重50キロ台後半で迎えた思春期。
20代前半、仕事などで忙しくなり少し痩せるも50キロをキープ。
それから結婚・出産そして離婚を経て私のデブ人生はピークに達します。

離婚後、実家にいたこともありまだ若かった私は水商売のバイトに出るようになりました。
これがいけなかった。
バイト中は何も食べずにアルコールのみの摂取がゆえ、腹ペコ状態で帰宅。
そのまま寝つける訳がなく夜食。
デブまっしぐら、アッという間に太りました。

【ワンポイント】
やはり寝る前にまとめ食いしてしまうと、やはり太ります。
仕事上仕方ない生活リズムなのですが、寝る前の食事はやめるようにしましょう。
空腹には耐えられない場合はお茶やお水などでお腹を膨らませるのが良いです。

置き換えダイエット商品でダイエット

そんな生活をしていた私にある日、転機の時がやって来ます。
昼間の仕事関係の人からとりあえずやってみてと渡された置き換えダイエット商品。
タダで頂いてやらない訳にはいかないと思い一念発起。

その商品は粉末ドリンクと必要な栄養素を補える錠剤数種類。
これを3食のうち1食あるいは2食に置き換えるというもの。
利尿作用はハッキリわかるくらいあり、ドリンクがお腹を膨らませ空腹感をあまり感じさせませんでした。
脳内がダイエットモードになったらこっちのものです。

バイトでのお酒の量も控えめにし、当然夜食もやめました。
体重が目に見えて減っていくとだんだん面白くなっていきます。
全部使い切ったので購入しようと頂いた人にお願いしようとしました。
でも、あいにくその人が遠方にいってしまいました。
そのダイエットはこの時点であえなく終了となってしまいました。
結果、半年くらいで7キロ痩せました。

ダイエットの支えを失った私は普段の生活に戻ってしまいリバウンド一直線。
ダイエットにまったく興味がなくなり体重も気にしていませんでした。
当然体重計に乗ることもなく。
38歳の時、おそらくこの頃MAX65㎏はあったと思います。

【ワンポイント】
ダイエットの意識が途切れると、当然ながらリバウンドが待っています。
彼女のケースは特殊ですが、一つのダイエットに頼っていると、飽きるとそこで終わってしまいます。
ダイエットはいろんなダイエットを複合的に行うことをおすすめします。

【スポンサードリンク】


恋するダイエット

ここで第2の転機を迎えることとなります。
職場の上の階の会社に勤める12歳年下の男性に恋をしたのです。
久々の恋愛で毎日彼のことばかり考えて胸がいっぱいになり食欲減退です。

その結果、気付けばボトムスのウエストがユルユルになっていました。
わすれていた体重。
久々体重計に乗ってみると60㎏をきって57㎏に。

ここで再び火が付きました。
このまま一気にダイエットしようと。
それからというものスポーツクラブに通い、夕食・酒抜きで55㎏をきりました。
でもそこからが大変でした。

体重がピクリともしない、何をしても落ちなくなったのです。
昼食は普通通りに食べていたのでこれをバナナだけにするなど内容を変えてみました。
その甲斐あってなんとか2㎏ダウン。
その後、恋愛で悩み最終的には50㎏をきって48㎏に。
最後の方はメンタル面が減量に作用して見た目が冴えず周りから心配され結果が良くなかった気がします。

【ワンポイント】
ダイエットには動機が重要です。
彼女のように「恋」は男性にしろ女性にしろ良い起爆剤になります。
ダイエットする時は明確な動機をまず見つけるようにしましょう。
それは「恋」でなくても、「健康」でもなんでもいいです。
明確な動機を常に意識できれば良いです。
それを毎日ノートに書くなどすれば完璧です。

【スポンサードリンク】


今は見た目の体型を意識しながらダイエット

私のダイエット歴から個人的には50~52㎏がベスト。
今思えば置き換えダイエットの物に関して私的には結局何でもよかったのでは?と感じています。
たまたまそういった物を頂いただけで要は2食抜いていたことになり、道理で痩せる訳です。
現在、些かリバウンド気味ではありますが運動を常にしている為、昔太っていた頃のほどではありません。

現在気を付けていることは、数字よりも見た目。
加齢とともに太りやすくむくみやすくなるので体を引き締めることに重点を置いています。
お腹が出ないようブヨブヨにならないよう有酸素運動・筋トレを続けています。
過度な食事制限は限界があります。
止めればリバウンド率は高いと思われます。

やはり痩せた後の管理が重要です。
食事抜きはどう考えても長くは続きません。
ストレスも溜まります。
抜くのではなく内容を考えながら腹八分目をキープし、そしてやはり運動。
私的にダイエットは食事と運動、これしかないと思っています。
気も緩み体も緩んでいる今日この頃、また一念発起してダイエットに励もうと思っています。

【ワンポイント】
よくダイエットでは体重計の数字が重視されます。
確かに数字は客観的に公平に表示されるので、重宝します。
しかし、もっとも大事なのは「見た目」であることを忘れてはいけません。
体重が増えようが、脂肪を筋肉に変えて、引き締まっていれば問題ないです。
数字にだけ捉われるのはNGです。

【スポンサードリンク】